出口王任三郎(デグチ オニサブロウ)

出口王任三郎の陶器を買い取りしています。宮筥では作家物の陶磁器だけを専門に買取しておりますので自信があります! 売却方法は出張、宅配、持ち込み等ご希望の方法で対応可能です。作家物の陶器の売却をお考えの際はお任せください!

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 同じ作家の場合でも、大壷より小さな良いぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。

陶器専門店

出口王任三郎 作家情報

出口王仁三郎は、大本教の二大教祖の一人であり宗教家として知られています。しかし神道系の宗教家というだけではなかなか説明しきれない神秘的な人物と言えるでしょう。そんな出口王仁三郎は芸術作品も多く残しています。その種類は和歌や書画、彫刻など多岐にわたることが知られていますが、晩年には陶芸作品も多く制作しました。 出口王仁三郎が制作した陶芸作品は、非常に独自性のあるものです。基本的に楽焼の手法を元にしているのですが、その枠に留まることなく、決められた形にもとらわれていないものでした。まさに出口王仁三郎独特の楽焼と言えるものでしょう。晩年になると楽焼作りに没頭をして、3000点もの作品を作っています。1935年に大本弾圧事件があって独房生活を送りましたが、自由の身になった後、さっそく焼き物作りを再開させています。

作品は出口王仁三郎が亡くなった後、陶芸評論家の加藤義一郎に見出されました。加藤義一郎は備前焼作家で人間国宝の金重陶陽の家ではじめて出口王仁三郎の茶盌を目にしました。その時、加藤義一郎はこんなメモを残しています。 「王仁師手造り『天国廿八』『御遊』の二盌をみせられておどろく。その色彩とリッチさ、茶盌の姿、芸と品格、天才」 メモに書かれたその言葉からもどれだけの衝撃を受けたのかをうかがうことができます。出口王仁三郎の作品は耀碗(ようわん)と名付けられました。国立博物館で最初の展覧会を開いています。色彩は明るくて形状は大らか。独特の作風は当時の陶芸界に大きな衝撃を与えることになったのです。 出口王仁三郎の陶芸作品は日本国内だけでなくヨーロッパでも出口王仁三郎の芸術展が開催されるほどの高い評価を受けています。

出口王任三郎 略歴

1871年京都府亀岡市で上田喜三郎として生まれる。
1896年穴太精乳館・上田牧牛場を開業。
1898年高熊山で一週間修行をして神秘体験をする。
京都府綾部の出口なおのもとへ。初対面は不調に終わる。
1899年大本教の原型、金明霊学会を組織。
1900年なおの五女すみと結婚し養子婿となる。その際、出口王仁三郎と改名。
1907年建勲神社の主典となる。伏見稲荷山御嶽教西部教庁主事に就任。
1908年御嶽教大阪大教会長に抜擢される。
1916年金明霊学会を皇道大本に改名。
1926年~1935年まで楽焼を制作。絵付けも含めると約五万~六万点。
1946年~1年3ヶ月耀盌以外の水さしまで含めると五千点もの作品を制作。
1948年逝去。

作家と関連の深いやきもの紹介

023 wasitu楽焼
楽焼は低火度釉を用いた軟質施釉陶で、主に茶の湯に用いられます。特に楽茶碗の柔らかな質感と口部を抱えた独特の形は茶の用にかなったものとして茶人に好まれてきました。楽茶碗は楽家初代長次郎が千利休の注文により制作したのが始まりです。そのため茶碗は千利休らの嗜好を反映した、手捏ねによるわずかな歪みと厚みのある形状が特徴です。
楽茶碗の代表的なものには赤楽茶碗と黒楽茶碗があります。黒楽茶碗は焼成中に釉薬が溶けたところを見計らって窯から出し急冷することで黒く変色します。赤楽茶碗は赤土を素焼きし透明の釉薬をかけて800℃程度で焼成します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。