福島武山(フクシマ ブザン)

当社では福島武山の陶芸作品を買取しております。近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります! 作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

同じ作家のものでも、種類によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • たとえば、ほとんどの場合は湯呑より茶碗の方が倍以上は金額が高いです。
  • 大きな皿よりも、希少なぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。

陶器専門店

福島武山 作家情報

福島武山は、加賀友禅の刺繍職人をしていた父のもとに生まれました。その影響で手仕事が好きでした。石川県立工業高校デザイン科を卒業し、24歳の時に結婚をして佐野に移り住みました。印刷会社に行きながら絵付け職人の義母の手伝いをしました。それが九谷焼を知るきっかけです。26歳の時、義母に
「九谷焼の絵付けをするなら赤絵がいい。昔から佐野と言えば赤絵だ」
と言われました。それがきっかけとなり、赤絵の世界に入りました。会社を辞め、独学で赤絵の勉強を始めています。

福島武山は九谷の伝統技法である赤絵細描の最高技術保持者です。この赤絵細描は習得が困難です。赤絵の技法を駆使しながら、現代の感性に合うデザインや構成で作品を作製しました。伝統的な世界に、新しい風を吹き込んだ事で、高い評価を得ています。
「私はこの地にきて初めて、師匠にもつかずに自分なりに始めたんです。伝承だけに囚われると、新しい世界が開けない。師匠が居たら、逆にここまでで来たかなと思いますね」
そう語り、従来の九谷焼と違う作品を生み出しています。

福島武山 略歴

1944年生まれる
1963年石川県立工業高校デザイン科を卒業
1982年全国伝統的工芸品展にて奨励賞を受賞
1987年日本工芸会正会員
2000年第24回全国伝統的工芸品公募展で伝統工芸士会会長賞を受賞
2002年第25回伝統九谷焼工芸展で大賞を受賞
2003年第17回日本陶芸展に入選
2004年第27回伝統九谷焼工芸展で優秀賞を受賞。
石川県指定無形文化財保持団体九谷焼技術保存会会員。
2007年石川の伝統工芸展で優秀賞を受賞
2008年九谷焼伝統工芸士会会長に就任

作家と関連の深いやきもの紹介

064 kutani九谷焼
九谷焼は石川県南部の南加賀に発祥し、色絵による装飾を特徴とする磁器です。
明暦元年に、後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりですがわずか100年たらずで廃窯しました。原因は定かではありませんが、この間に焼かれたものを、現在「古九谷」と呼んでいます。
九谷焼の絵付けの技法の一つに、「色絵・五彩手」があります。これは能登呉須顔料による紺(群青色)によるラインを中心として、呉須(ごす)とよばれる藍青色で線描きし五彩とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。赤を用いずに青を基調として緑、黄色、紺、紫を加えた絵柄を全面をうめつくすように絵付けを行う方法「青手」もあります。また、赤いラインと赤い塗りに、金のアクセントをあしらった手法「赤絵・金襴手」もあります。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。