川瀬竹春(カワセ チクシュン)

当社では川瀬竹春の陶芸作品を買取しております。近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります! 作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

同じ作家のものでも、種類によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • たとえば、ほとんどの場合は湯呑より茶碗の方が倍以上は金額が高いです。
  • 大きな皿よりも、希少なぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。

陶器専門店

川瀬竹春 作家情報

初代川瀬竹春は1894年に生まれました。十三歳の時、瀬戸の加藤虎之助の元で修行をはじめています。虎之助が亡くなった後は三代清風与平氏や初代三浦竹泉に師事をして清水焼を学びました。昭和六年になると、京都五条坂に工房を築き、古陶磁器の研究や作陶を行っています。 昭和二十八年になると初代川瀬竹春は祥端の研究に没頭するようになりました。中国古陶磁の祥端や赤絵や金襴手の研究を積み、陶芸文化の新興に貢献をしています。七十年もの陶歴。その間、褒章や表彰を数多く受けています。昭和三十年には無形文化財の記録作家ともなりました。

皇太子浩宮さまご誕生の際には、応接室の宝飾品、祥瑞筋兜香合の制作を行っています。紫綬褒章を受けた後は皇室御用が続き、花瓶などを多く制作しました。特に下田御用邸が落成した際には、両殿下御用室用の花瓶一対を約半年をかけて制作して大作、緑釉唐草文花生の上納を行っています。その際には天皇陛下から大杯一個と感謝状を賜りました。 二代目川瀬竹春は初代川瀬竹春の長男です。初代が得意としていた祥端染付や赤絵を継承した陶芸家です。金襴手や豆彩、釉裏紅や染付や黄南京、青白磁や瑠璃金彩などを駆使した作品は優雅で絢爛で、初代とは違う二代目川瀬竹春独自の作品を多く発表しています。

川瀬竹春 略歴

1894年岐阜県安八郡輪之内町生まれる。
1907年瀬戸に移り作陶を開始。
1910年京都に移る。三代清風与平に指導を受ける。
1915年二代三浦竹泉に師事
1919年京都東山南日吉町で作品制作を始める。
1927年東山五条に移る。
1941年上海で個展開催。
1949年神奈川大磯の三井本家別邸の城山窯に招聘される。
1953年神奈川大磯に移る。
1955年国指定無形文化財技術者に指定。
1966年紫綬褒章受章。
1970年勲四等瑞宝章受章。
1979年竹春の名を長男順一に譲る。自らは竹翁と号す。
1983年逝去 享年89歳。
▼二代目
1923年川瀬竹翁(初代川瀬竹春)の長男として京都市に生まれる。
1939年京都市美術学校絵画科を経て、父である川瀬竹翁のもとで修行。
1949年京都から父・川瀬竹翁と共に、神奈川県大磯三井城山窯に移る。
1960年神奈川県中郡大磯町国府本郷に、古余呂技窯を築窯。独立。
1979年二代川瀬竹春を襲名する。初代川瀬竹春は、川瀬竹翁と号す。
2007年9月19日没。享年85歳(満84歳没)。

作家と関連の深いやきもの紹介

023 wasitu祥瑞
白い磁器の生地に青海波、七宝、格子などの連続した幾何学文様を染付で地文のように細かく描き込んだものを祥瑞といいます。染付文様の基本姿勢は器の表面を隈なく文様で埋め尽くすことに主観が置かれており絵画図様と幾何学文様を渾然と書き込みます。文様ごとに放射線状の枠で囲むことが多く、枠をねじったものを「捻祥瑞」と呼びます。また、山水などを丸い窓で囲む場合もあります。
生地に上絵つけをして焼き上げたもの、染付や鉄絵で下絵つけをして焼くもの、文字を彫って描いたものなど、文字文様はさまざまな技法で描かれます。
もともと「祥瑞」は中国明代末期の1630-40年代に景得鎮窯が日本の茶人向けに焼造した染付茶道具の一様式です。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。