近藤悠三(コンドウ ユウゾウ)

当社では近藤悠三の陶芸品を出張、宅配、予約持込にて買取させていただきます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので自信があります。人間国宝や有名物故作家だけでは無く、他店では取り扱いをしていない現代の陶芸家のものでも買取りしております。まずは気軽にご相談ください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。
  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 作家の銘があっても作家本人作では無い工房作品や窯、監修品など大量につくられている日用品に近いものもあります。

陶器専門店

近藤悠三 作家情報

近藤悠三は京都市清水寺下に、父、正平、母、千鶴の三男として生まれました。祖父の正慎は清水寺の寺侍でした。京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所し、卒業をした後、同じ試験場で助手として勤務しました。当時、河井寛次郎と濱田庄司が東京高等工業を卒業し、技手として陶磁を研究していました。悠三はその濱田から、窯業科学等を学んでいます。
陶磁器試験場を辞めた後は、イギリスから帰国した富本憲吉の助手となりました。素地や釉薬の技法だけでは無く、制作に対する心構え等も富本から指導を受けています。京都に戻ると、関西美術院洋画研究所でデッサンや洋画の研究をしました。その傍らで、清水新道石段下に窯を構え作陶を始めました。この頃、染付では無く、釉裏紅や象嵌等の技法も用いた作品を発表しています。
第9回帝展で初入選を果たした後は、13回連続で入選しました。他にも文展などで多くの作品を発表しています。山水染付壺が第3回日本伝統工芸展で日本伝統工芸会賞を受賞しています。日本工芸会常任理事、陶芸部会長を歴任しています。 京都市立美術大学で陶磁器科助教授をし、同大学で教授、学長に就任し務めました。
近藤悠三は、紫綬褒章や勲三等瑞宝章、京都市文化功労者章等、数々の受賞歴があり、重要無形文化財染付の保持者にも認定されました。

岐阜県多治見市で志野焼の研究を始めた頃、染付の制作に専念しました。つけたてとぼかしを基調とした筆遣で濃淡を表現しています。モチーフはザクロや梅。そこで絵画的な表現をしました。1960年以降は呉須染付に併用し、赤絵や金彩の技法を用いるようになりました。それにより独特の作風を確立する事になります。「自分は、し残したことがあるので、生まれ変わっても、陶芸家として生まれてくる」…と生前に語っていました。

近藤悠三 略歴

1914年京都市立陶磁器試験場付属伝習所轆轤科に入所
1917年卒業
同じ試験場で助手として勤務
1921年陶磁器試験場を辞め富本憲吉の助手となる
1924年京都に戻る
1928年第9回帝展で初入選
1950年第6回日展で審査員
1955年日本工芸会に所属
1956年山水染付壺が日本伝統工芸会賞を受賞
志野焼の研究を始める
1953年京都市立美術大学で陶磁器科助教授
1956年同大学教授
1965年同大学学長に就任
1970年紫綬褒章を受賞
1977年重要無形文化財染付の保持者に認定
1980年紺綬褒章
1985年逝去

作家と関連の深いやきもの紹介

008 kondou染付
染付とは釉下彩技法の1つで、呉須(ごす)と呼ばれる酸化コバルトを主成分とする絵具を使って素焼きした素地の上に図様を表し、透明釉を施して焼成する技法です。素地の白に青の絵付けとストレートで明快な表現が親しみやすく世界各国に広がり各地で作風が確立し、その技法が確立し定着しました。そのことがかえって新しい様式を生みにくくした面もあります。

その中で近藤悠三は近代的な独自の絵画的表現を生み出しました。絵具となる呉須の精製を七割ほどでとめ、焼成後の呉須に黒い斑点を残すなどし表情を際立たせている。また柔らかい仕上がりを好み素焼きのあとの絵付けではなく乾燥させた生の素地に直接施すなど、制作家庭で工夫をこらら多彩ともいえる青の表現を生みだした。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。