ルーシー・リー(Lucie Rie)

ルーシー・リーの作品を査定、買取してます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので是非ご相談ください。陶磁器のコレクション売却や遺品整理の際もお問合せください。壷や皿、茶道具、香道具、酒器などの作家作品はおまかせください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 作家が同じでも、大きな皿より小さな盃の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。

陶器専門店

ルーシー・リー 作家情報

ルーシー・リーは、にユダヤ系の医師の家で生まれた女性です。ナチスによりオーストリアが併合されると、イギリスに移り住みました。東京の国際陶芸展に参加をした5年後には、ロンドンの王立芸術学院で、名誉博士号を授与されています。
ロンドンで逝去、享年93歳でした。

ルーシー・リーは、イギリス人のバーナード・リーチと親交を持っていました。電気式陶芸窯で作品を制作していました。その所為か、薄く軽い作風になりました。日本風の作品は、強火と土窯から制作されます。リーチはそのような日本風の作品に傾倒していました。ルーシーは厳しい批評をされます。それ以降、ルーシー・リーは、芸術面だけでは無く、経済面に対しても苦しみ悩んでいます。
「キャベツの日々だった」
ルーシー・リーは当時を振り返り、そう語っています。ルーシー・リーは、経済的に困窮していた頃、キャベツばかり食べていました。しかし自分の方向性は大きく変えませんでした。そして、象嵌や掻き落しを利用した線描や釉薬、細かな成分計量に基づいた理論的な工法を使用しました。そして繊細かつ優美な作風を手に入れました。作り出された作品は、リーチにも認められ、推奨までされました。

ルーシー・リー 略歴

1902年ユダヤ系の医師の家で生まれる
1922年ウィーン工業美術学校でミヒャエル・ポヴォルニーに陶芸を学ぶ
1937年パリ万国博覧会で銀メダルを獲得
1938年イギリスに移り住む
1951年ロンドンのバークレー・ギャラリーでハンス・コパーと共同展を開催
1960年キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで1972年まで教鞭を執る
1964年東京の国際陶芸展に参加
1972年ハンブルク美術工芸博物館でLucie Rie - Hans Coper Keramik展等を開く
1981年CBEを受勲
1989年草月会館と、大阪市立東洋陶磁美術館で個展を開く。
1990年脳梗塞で倒れ、陶芸が出来なくなる。
1991年大英帝国二等勲爵士の称号を贈られる
1994年メトロポリタン美術館でハンス・コパーとの共同展を開く
1995年ロンドンで逝去

作家と関連の深いやきもの紹介

016 hikama掻き落とし
器の表面を削り落とし表面とは違う色を出すことで模様を表す装飾法です。一般的には素地に化粧掛けして工具でその化粧土の部分を削り落とす手法です。こうすると素土がむき出しになった箇所が化粧土と違う色になって際立つのです。
また、素地に別の色の化粧土、釉薬、絵具などを重ね、二層以上となった上層の一部を蹴り落とし、下層の色を出して模様とします。削り落とす際に模様部分を削り落とすものと、模様の周りを削り落として模様を浮かび上がらせるものがあります。
掻き落とした模様に別の土を埋め込む象嵌等、掻き落としは技法の組合せが何通りもあります。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。