坂高麗左衛門(サカ コウライザエモン)

当社では坂高麗左衛門の陶芸品を出張、宅配、予約持込にて買取させていただきます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので自信があります。人間国宝や有名物故作家だけでは無く、他店では取り扱いをしていない現代の陶芸家のものでも買取りしております。まずは気軽にご相談ください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。
  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 作家の銘があっても作家本人作では無い工房作品や窯、監修品など大量につくられている日用品に近いものもあります。

陶器専門店

坂高麗左衛門 作家情報

坂 高麗左衛門(さか こうらいざえもん)は山口県萩市の萩焼の窯元であり、代々坂窯の当主が襲名している陶芸作家の名跡です。坂窯は毛利輝元によって招聘されました。初代は李敬。兄である李勺光と共に萩焼を創始した朝鮮人陶工です。 三輪休雪の三輪窯と一緒に萩藩の御用窯であり、萩焼の本流を受け継いでいる家柄です。毛利氏が萩に城を移した後は、萩城下である松本村に開窯をしており、二代目の藩主である毛利綱広から高麗左衛門の名を賜っています。 萩焼の陶土は防府市大道で採掘される物であり、浸透性が強いという特徴があります。低温による焼成であり焼締めは強くないことから貫入が出やすいです。さらに肌触りが良く、手に収まりやすい器が魅力となっています。この特徴は多くの茶人を魅了して現代でも愛する茶人は少なくありません。

さらに萩焼の貫入は使い込んでいると色合いが変化して行きます。これは萩の七化けと呼ばれており、酒や茶渋によって枯れた味わいがにじみ出てきます。素地の肌色を活かした器ですので、模様はあまりありません。あったとしても派手さは無いです。その素朴さが萩焼の魅力となっています。 十二代坂高麗左衛門まで窯は継承されていたのですが、2004年に転落事故によって突然死去しています。その後七年間、坂高麗左衛門の名跡は空位が続いていました。しかし2011年に十一代の四女であり十二代目の義妹が、十三代坂高麗左衛門を襲名しました。女性が坂高麗左衛門を襲名するのは史上初のことです。

坂高麗左衛門 略歴

1949年東京に生まれる。
1976年東京芸術大学絵画科日本画専攻卒業。
1978年東京芸術大学大学院絵画科研究室修了。
1981年十一代坂高麗左衛門が1月13日に没。享年69歳。
1982年十一代坂高麗左衛門の息女坂素子と結婚。養子となる。
1983年京都工業試験場窯業科陶磁器研修生修了。
1984年山口県萩市で作陶を始める。
1987年十二代坂高麗左衛門を襲名。
2004年転落事故で脳挫傷のため死去。享年54歳。
▼十三代坂高麗左衛門
2011年13代坂高麗左衛門を襲名。
2014年肺炎のため死去。享年62歳

作家と関連の深いやきもの紹介

069 kyosyo萩焼
桃山期に松本村で創始され、江戸前期には長門一に、明治には山口市にも窯ができるなど現在では広く山口県全域に窯があります。
大道土を主体とした土で成形され絵付けなどの装飾性がほとんどなく、透明釉の土灰釉か、ほかの地方で白萩釉と呼ばれる白濁する藁灰釉が施されることにある。
萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土の浸透性・保水性・保温性が高く、土と釉薬の収縮率の違いによりできる貫入から水分が浸透し、器の中から表面にまで至ります。使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、萩焼の特徴的な魅力となっています。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。