鈴木 爽司(スズキ ソウジ)

当社では鈴木 爽司の陶芸作品を買取しております。近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります! 作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

同じ作家のものでも、種類によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • たとえば、ほとんどの場合は湯呑より茶碗の方が倍以上は金額が高いです。
  • 大きな皿よりも、希少なぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。

陶器専門店

鈴木 爽司 作家情報

鈴木爽司は、京都府で陶芸家の鈴木清の長男として生まれました。その為、幼い頃から陶芸が身近にある環境で育っています。富本憲吉が鈴木工房に滞まって作陶をしていた時に薫陶を受けました。京都府工芸展に、12歳で初出品をし、入選もしています。それから本格的に、陶芸家になる事を決意して美術大学へ進学しました。29歳の時に日展で初出品をして入選して以降、13年間連続で入賞を果たしました。

作品には、現代的な造形の器があります。そこには確かに、鈴木一族の伝統の技術があります。他にも、写実的な花鳥画や草花の色絵磁器が魅力的です。鈴木は金銀彩が得意です。その作風は非常に華麗であり雅です。

鈴木 爽司 略歴

1939年陶芸家の鈴木清の長男として生まれる
1951年京都府工芸美術展に初出品をして入選
1965年京都美術大学を卒業。
同専攻科に入学。
1966年京都美術大学展で金賞を受賞。
1967年京都美術大学展でモーパーク賞を受賞。
京都美術大学専攻科を卒業。
1968年日展で初出品をして入選
1969年京都府工芸美術展で優賞
1971年京都市長賞を受賞
1973年現代工芸美術展で現代工芸賞を受賞
1974年京都府工芸美術展で第1回新人賞を受章
1984年日展と現代工芸美術協会を退会
1985年日本伝統工芸展に出品
2004年作品集を刊行

作家と関連の深いやきもの紹介

052 souzi色絵金銀彩
色絵に金彩・銀彩をともに施す技法です。色絵に金や銀で加飾する時、金と銀は融点が異なるため同時には焼成できません。そこで銀に白金を混ぜることによりその難を可能にし同時に焼成し金銀彩の素晴らしい表現を生み出されています。現在では多くの作家がこの技法を用いていています。

鈴木爽司は色絵花鳥図の作品を多くつくっております。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。