坪島土平(ツボシマ ドヘイ)

坪島土平の陶器を買い取りしています。宮筥では作家物の陶磁器だけを専門に買取しておりますので自信があります! 売却方法は出張、宅配、持ち込み等ご希望の方法で対応可能です。作家物の陶器の売却をお考えの際はお任せください!

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 同じ作家の場合でも、大壷より小さな良いぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。

陶器専門店

坪島土平 作家情報

坪島土平は、大阪市で生まれました。実家は呉服商を営んでいました。大阪市立錦城南商業学校を卒業すると、1946年に、川喜田半泥子に師事をしました。それから作陶活動を始めています。家業である呉服商は継ぎませんでした。大阪高島屋で個展を開催して以降は、毎年、個展を開いています。
2013年に逝去、享年84歳でした。

坪島土平は戦時中、大阪から半泥子の窯場の近くに疎開しました。特に意識した訳ではありません。たまたまです。その事が縁となり、半泥子の手伝いをするようになりました。最終的に、半泥子の跡継ぎになりました。川喜田半泥子の、唯一の直弟子だったからです。
田口寛とも親交がありました。川喜田半泥子の事を語る時には、必ず坪島土平氏の事が出るというぐらいの関係性です。土平という号がありますが、この号を名づけたのは半泥子です。本名の苗字の坪島の、坪の字を、左右に分けた物です。しかし土の字の右側中央の近くに点があります。土が飛んで付いたという事を表現しています。日本語では存在していない文字です。
坪島土平の作品の特徴は独特の造形です。その技法により、食器や水指、茶碗、花瓶、香炉を制作しています。他にも、志野、織部、朝鮮唐津、伊賀等も作製しました。幅広い作域を持っています。赤絵や色絵や染付の作品を中心に製作をしました。坪島土平は組織に所属していません。個展だけで作品を発表しています。公募展覧会には一切出品等はしていません。

坪島土平 略歴

1929年大阪市で呉服問屋を営んでいた家に生まれる
1946年川喜田半泥子に師事
1963年川喜多半泥子が亡くなると、廣永陶苑を受け継ぐ。
1967年大阪高島屋で個展を開催
2013年逝去

作家と関連の深いやきもの紹介

022 chawan茶碗
茶碗とは茶の湯において用いられる茶を入れて飲むための碗です。ここでの茶碗は茶道具に使われる碗を指します。茶碗は奈良時代から平安時代にかけて茶器の一つとして中国から茶と一緒に日本に伝来しました。
日本の茶の湯では季節や趣向により様々な茶碗を用いります。
「唐物」(中世から近世にかけて尊ばれた中国製品のこと)
・天目茶碗 室町時代を中心に中国(宋)から日本へ輸入された。天目釉(鉄釉)をかけて焼かれた陶器製の茶碗のこと。
・青磁茶碗 中国南宋官窯の青磁や、同安窯系の珠光青磁など。青磁釉を施した陶器製の茶碗のこと。
「高麗物」(高麗茶碗、16世紀半ばから日本の茶道で用いられた)
・井戸茶碗 朝鮮王朝時代の民間雑器の碗を日本茶人が茶器に見立てた。
・三島茶碗  朝鮮王朝時代に造られた茶碗。
「和物」 「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきました。
・楽焼茶碗 千利休らの嗜好を反映した手捏ねによる歪みと厚みのある形状が特徴である。
・萩茶碗 陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「七化け」が特徴。
・唐津茶碗 ・志野茶碗、織部茶碗、瀬戸黒茶碗、黄瀬戸茶碗、伯庵茶碗等

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。