月形那比古(ツキガタ ナヒコ)

当社では月形那比古の作品を買取しております。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので買取に自信があります。1点から売却をしたい場合や、多数の陶芸品コレクションの見積、遺品整理等で作家作品があるが、箱や中身がバラバラでわからず困っているケースなどさまざまなご依頼に対応可能です。お気軽にご相談ください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 同じ作家の皿でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。
  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。

陶器専門店

月形那比古 作家情報

月形那比古は、新潟県糸魚川市で石彫家の父と、華道家の母の元に生まれました。早稲田大学在学中で学徒出陣をして、一年も早く志願をして参戦しています。戦争が終わった後、復学をしてから日本大学芸術学部を卒業しています。陶芸だけではなく、海外や、映画、写真、建築、篆刻、書、彫刻、モダンバレーの舞台監督等、多彩な分野で活躍しました。2006年に急逝、享年84歳でした。

美濃の陶工がパリで単独個展をしたのは、月形那比古が初めてです。ここで言う美濃は、岐阜県東美濃地方の、多治見市から東にある市町村の事です。月形は、炎の陶人、東洋のピカソ等、多数の異名を持っています。代表作品に、鬼志野焼や鬼黄瀬戸等、鬼シリーズと呼ばれる物があります。志野焼は、桃山時代に生まれた物です。しかしその後に衰退しています。ただ、昭和中期に、荒川豊蔵に再現されました。月形は美濃に住みます。そこで半地下穴窯を築きました。薪を燃料にする独自の焼成方法で研究を続けました。志野焼を極端に長く焼成して生み出される鬼志野を発表しました。その鬼志野は、昭和の陶芸界を驚かせました。鬼志野は1970年に、アメリカを中心に海外でも紹介されて、海外の作家に大きな影響を与えました。月形には一貫した創作活動のテーマがあります。それは「生存への畏敬」です。得度及び、出家もしています。

月形那比古 略歴

1923年新潟県糸魚川市で生まれる
1941年早稲田大学在学中で学徒出陣
1952年文部大臣賞を受賞
1974年岐阜県土岐市に月形大陶坊美術館を創設
1985年国際芸術文化賞を受賞
1989年日本の美術展パリ芸術大賞を受賞
1990年東京アートエキスポで日本代表として参加出展
2006年急逝

作家と関連の深いやきもの紹介

017 hikamahito志野焼
桃山時代に美濃で焼かれ、たっぷりと長石釉が施された気泡状の肌にほのかな薄紅色がにじみ出た独特の焼物です。茶陶としての志野は技法によって無地志野、絵志野、紅志野、赤志野、鼠志野、練り上げ志野に分けられます。
・無地志野-絵模様が少ない白無地
・絵志野-釉の下に絵付けししその上に志野釉をかけて焼いたもの
・紅志野-生地に黄土等を塗ることで赤味をもたせたもの
・赤志野、鼠志野-下地に鬼板と呼ばれる鉄化粧を施し、文様を箆彫りして白くしさらに志野釉をかけて焼くと赤褐色または鼠色に焼き上ったもの
・練り上げ志野-通常の白い生地と鉄分を含んだ素地とを混ぜ合わせたもの

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。