八木一夫(ヤギ カズオ)

八木一夫の陶器を買い取りしています。宮筥では作家物の陶磁器だけを専門に買取しておりますので自信があります! 売却方法は出張、宅配、持ち込み等ご希望の方法で対応可能です。作家物の陶器の売却をお考えの際はお任せください!

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 同じ作家の場合でも、大壷より小さな良いぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。

陶器専門店

八木一夫 作家情報

八木一夫は、京都市東山区馬町で八木一艸(栄二)の長男として生まれました。京都市立美術学校を卒業し、商工省陶磁器試験所伝習生となりましたが、この間に沼田一雅の日本陶彫教会に入会し、同会の第一回展に出品しています。28歳のときに青年作陶家集団創立に加わり、京展工芸部に金環触を出品しました。その作品で京都市長賞を受賞したのですが、青年作陶家集団が会員の間で見解の相違が起こった事で解散しています。その後、鈴木治、山田光、松井美介、叶哲夫と共に「走泥社」を結成しました。走泥社では用途や機能を顧慮せずに純然な立体造形を目指したのです。その為、前衛陶芸やオブジェ陶芸と呼ばれました。
第四回展では白地三彩草花紋細瓶を出品しましたが、それ以降、日展に出品はしていません。32歳の時、ニューヨーク近代美術館に、少女低唱や飛翔するカマキリ等を出品しました。海外展に何度も出品しており国際的にも高い評価を受けています。東京フィルム画廊で開催した個展では、ザムザ氏の散歩という作品を出品。そこには彫刻的な造形が示されていました。第三十回走泥社展では、ガラス作品を発表しています。
八木一夫は、京都市立芸術大学陶芸家教授になっていますが、同年、第十一回の冬季オリンピック札幌大会の入賞柄樽のデザインを田中一光と担当しています。また、日本陶磁協会金賞を受けています。

八木一夫は、戦後の陶磁器の世界に、前衛芸術という新しい分野を切り開きました。ザムザ氏の散歩は、カフカの小説、変身の主人公であるザムザ氏の名前から付けられた作品でした。このザムザ氏の散歩を発表してから前衛の旗手となりました。
「僕らの仕事というのは、形からというよりも、粘土の生理だとか粘土を構築していくプロセスからの導きみたいなもので発展しているわけで、つまり純粋な美術とはちょっと違うところがある」
ある座談会で八木は、現代美術と陶芸のオブジェにどのような違いがあるかを語っています。その作品には革新的な造形があり、それが魅力となっています。前衛芸術という言葉が相応しい物になっています。

八木一夫 略歴

1918年京都市東山区馬町で生まれる
1937年京都市立美術学校を卒業。
商工省陶磁器試験所伝習生となる。
1946年青年作陶家集団創立に加わる
1948年京展工芸部に金環触を出品
1954年東京フィルム画廊で個展を開く
1971年京都市立芸術大学陶芸家教授に就任
1973年日本陶磁協会金賞

作家と関連の深いやきもの紹介

024 tesigotoオブジェ陶
焼物でつくられた実用性を持たない陶磁の造形作品のことをオブジェ陶といい、前衛的な陶芸家たちが集まった「走泥社」の八木一夫、鈴木治、山田光たちにより確立されました。巨匠の作家だけででは無く、現在では多くの若手作家達が制作しており、スマートなもの、不思議なもの、力強いもの、様々なフォルム、焼物ならではの質感で新しいオブジェ作品が生み出されています。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。