人間国宝徳田八十吉 買取してます。

「燿彩花器」こちらの花器は、「人間国宝徳田八十吉  古稀記念 燿彩展」の図録に掲載されているものです。平成15年9月30日~10月6日会場:日本橋三越本店6階美術特選画廊 徳田八十吉の作品は従来の九谷焼のように絵柄ではな … 続きを読む

村田元の陶芸作品かいとります

村田元の作品買取しております。村田元の壷、茶碗、湯呑などなど買取り致します!売却をお考えの際はお気軽にご相談ください。遺品整理やコレクション整理の際もご相談ください。 こちらは「益子焼 村田元 作品集」という図録に掲載さ … 続きを読む

佐伯守美 買取します。

躍動する栃木の陶芸 佐伯守美平成7年下野新聞社発行こちらの図録では61点がカラーで掲載されてます。佐伯守美栃木県宇都宮市で、彫刻家佐伯留守夫の長男として生まれました。宇都宮の東側には防風林が点在してます。防風林から漏れる … 続きを読む

飯塚琅玕斎 竹工芸 買取致します。

2006年発行 那須塩原市那須野が原博物館 発行「竹の創造-近代竹工芸の系譜と那須-」図録より「那須野が原博物館は昭和61年より竹工芸作品の収集に努めてまいりました。那須地域は良質な竹に恵まれ、生活雑貨としての竹細工が盛 … 続きを読む

三浦小平二 買取します!

こちらの作品2点は「パリ・ニューヨーク展帰朝記念 三浦小平二青磁展」の図録に掲載されているものです。日本橋三越で開催されました。三浦小平二新潟県・佐渡出身国指定重要無形文化財(人間国宝)無名異焼陶家の三代三浦常山を祖父に … 続きを読む

黒田辰秋の紹介。作品も買取してます。

黒田辰秋の世界-目利きと匠の邂逅-   世界文化社 2014年発行   柳宗悦、河井寛次郎、白洲正子、小林秀雄、武者小路実篤、川端康成……黒田作品を愛した目利き、著名人は枚挙のいとまがありません。 第1章 民藝との出会い … 続きを読む

和太守卑良 買取いたします。

図録紹介和太守卑良 プロローグ炻化音 出版社 実業之日本社発行日 1986年11月著者 和太守卑良「材質は風土。形は舞台。文様の言葉出綴りたい。語り部のようび静かな音声出物語る、ちいさくとも一つの世界の叙事詩を。」 こち … 続きを読む

川喜田半泥子図録の紹介

川喜田半泥子展図録1991年10月発行 171点カラー掲載主催朝日新聞社  会場:東京松屋銀座 熱海MOA美術館 大阪東洋陶磁美術館 尾道市立美術館川喜田半泥子(1878 ~1963)幼くして両親と別れ1歳の頃家督を相続 … 続きを読む

加藤唐九郎の査定相談お待ちしてます。

「唐九郎 志野 茶碗」この図録は昭和43年12月から昭和48年11月までの五年の間の作品の中の志野焼茶碗63碗ですべて原寸による図録である。昭和49年発行 株式会社求龍堂加藤唐九郎(1896 ~1985)瀬戸の陶家加納桑 … 続きを読む

石黒宗磨の買取

陶芸石黒宗磨作品集発行 昭和57年 毎日新聞社東京国立近代美術館編190点掲載(多数ほとんどがカラー掲載)図版解説有り石黒宗磨(1893 ~1968 )東京・埼玉・富山・金沢などを転々として作陶、昭和10年に京都大原に窯 … 続きを読む

清水卯一新作展

人間国宝 清水卯一新作展発行 株式会社高島屋 平成3年清水卯一 (1916 ~2004)京都の陶磁器問屋の家に生まれ15歳の頃に陶芸家を志して石黒宗麿に師事。85年(昭和60)に鉄釉陶器にて国指定重要無形文化財(人間国宝 … 続きを読む

今泉今右衛門

近代歴代 今右衛門増刊緑青vol3 マリア書房目次・伊万里焼と鍋島焼と十三代今泉今右衛門・鍋島藩窯と今右衛門・歴代今右衛門関連年表・十代今右衛門・十一代今右衛門・十二代今右衛門・十三代今右衛門・十四代今右衛門・今右衛門の … 続きを読む

バーナードリーチ展

バーナード・リーチ展実行委員会 小田急美術館/栃木県立美術館ほか 1997年日本で作陶を始め、イギリスの近代陶芸の道を切り開いたバーナード・リーチの作品展図録。イギリスと日本のコレクションから、素描、エッチング、陶器の1 … 続きを読む

塚本快示遺作展

人間国宝 塚本快示遺作展38作品カラー掲載塚本快示栃木県出身中国定窯風白磁を継承する製陶家7代塚本源右衛門の子として生まれた。幼少期より製陶に強い関心を持ち高等小学校卒業後、父の作陶を補佐。1983年に中国宋時代の定窯白 … 続きを読む

金重陶陽

特別展 金重陶陽-生誕100年記念-岡山会場、広島会場(平成8年開催)備前六窯金重家の脇窯であった窯元金重媒陽の子として生まれる。父から薫陶を受け特に細工物や彫塑的な置物を得意とし、窯の構造などの研究にも精進し1921年 … 続きを読む

加藤孝造 陶展

瀬戸黒・志野・黄瀬戸 加藤孝造陶展会期平成18年6月13日~19日会場日本橋三越本店本館全61作品カラー掲載加藤孝造(かとうこうぞう)岐阜県出身 師、荒川豊蔵岐阜県陶磁器試験場に勤務し主任技師として活躍する傍らで自らの作 … 続きを読む

松井康成の陶芸

L'ART DU NERIAGE CERAMIQUE JAPONAISE CONTEMPORAINEMATSUI KOSEI松井康成の陶芸 -練上の極意-1993年パリ三越エトワール 100作品カラー掲載松井康成(192 … 続きを読む

原清展

鉄釉陶器 人間国宝 原清展会期平成20年10月7日~13日会場 日本橋三越本店本館6階美術特選画廊全34作品 カラー掲載原清(はらきよし)1936年2月28日生まれ鳥取県出身 師、石黒宗麿、清水卯一陶芸家を志し1954年 … 続きを読む

伊藤赤水

第七回 伊藤赤水 無名異作陶展会期:平成10年会場:日本橋三越本店6階特選画廊16点カラー掲載伊藤赤水国指定重要無形文化財(人間国宝)認定日本陶芸展最優秀作品賞、日本陶磁協会賞など受賞伝統の技法に独自に窯変の色の変化をと … 続きを読む

濱田庄司 Shoji Hamada

Shoji Hamada: A Potter's Way & Work  (英語) 講談社発行 全239ページ 濱田庄司 (明治27年~昭和53年)1894年生まれ。   陶芸家。東京高等工業学区窯業科に入学、板 … 続きを読む

人間国宝 徳田八十吉

人間国宝 徳田八十吉 古稀記念 燿彩展会期・会場: 2003年9月30日-10月6日・日本橋三越本店6階美術特選画廊全作品カラー掲載燿彩とは作者自身が名付けたもので、「光り輝く彩」の意味である。焼成は高温(1040度)で … 続きを読む

加守田章二 全仕事

350ページ 講談社 2005年7月25日発行加守田章二作品の集大成として各時代を代表する作品を巻頭に、次いで修業時代の京都・日立での作品と益子から遠野、益子に戻った以後の作品で構成しております。茶道具、酒器、食器、デッ … 続きを読む

十四代酒井田柿右衛門展

十四代酒井田柿右衛門展 An Exhibition of KAKIEMON下野新聞社東武宇都宮百貨店平成17年10月6日~11日50作品カラー掲載十四代酒井田柿右衛門佐賀県出身 師、12代柿右衛門、13代柿右衛門日本伝統 … 続きを読む

鈴木蔵の志野

鈴木藏の志野 Ecume et Terres Ecarlates ceramique SHINOSUZUKI Osamu監修 長谷部満彦 福島県立美術館長発行 朝日新聞社制作 美術出版デザインセンター91作品カラー掲載鈴 … 続きを読む

島岡達三展

人間国宝 島岡達三展阪急百貨店創立50周年記念主催毎日新聞社1997年10月8日~13日 大阪阪急百貨店うめだ本店1997年10月15日~11月3日 神戸阪急ミュージアム全148ページ 121作品掲載オールカラー島岡達三 … 続きを読む

現代を生きる青磁 中島宏展

現代(いま)を生きる青磁 中島宏展2005年10月4日~11月20日(東京会場)2006年1月5日~2月4日(福岡会場)1960年代の後半から青磁の制作に挑み、研究思考を重ね現在に至るまでほとんど青磁一筋の活動を続けてま … 続きを読む

田村耕一展

田村耕一展1991年栃木県立美術館発行主催 栃木県立美術館 佐野市 下野新聞社制作美術出版デザインセンターデザイン 米村隆撮影江崎義一/田中学而全196ページ 182作品カラー掲載*現在、佐野市制10周年記念 人間国宝田 … 続きを読む

壺屋十年 金城次郎雑器の美

壺屋十年 金城次郎雑器の美A POTTER JIRO KINJO OKINAWA1988年5月発行発行所 株式会社用美社全371ページ 大型本615点全カラー掲載 すべてに作品名、サイズ明記沖縄県那覇市生まれの陶芸家沖縄 … 続きを読む

河井寛次郎作品集

京都国立近代美術館所蔵川勝コレクション 河井寛次郎作品集291ページ東方出版2005年発行陶芸や拓本425点をカラーで掲載 目次・発刊によせて/内山武夫・陶工 河井寛次郎-この世は自分をさがしに来たところ-島田康寛・河井 … 続きを読む

三浦小平二の世界展

「Poésie de céladon : le monde de Miura Koheiji」三越エトワール 1993年監修:長谷部満彦訳:エリカ・ペシャール=エルリー104作品掲載、全カラーページ。日本語、フランス語で … 続きを読む