備前焼(岡山県)

bizen

備前焼きの歴史や特徴をご紹介しております。
岡山県備前市周辺を産地とする陶磁器です。
人間国宝や人気の作家がとても多くいます。
金重陶陽、藤原啓、中村六郎、山本陶秀などなど人気陶芸家の作品を買取しております。

備前焼 の歴史・特徴

備前焼は岡山県備前市周辺を産地としている陶器です。日本六古窯の一つと言われています。備前市伊部地区で盛んに造られています。そのため「伊部焼(いんべやき)」という呼称もあります。伊部地区には煉瓦造りの四角い煙突を見る事が出来ます。これは、備前焼の窯を示しています。
平安時代の須恵器から発展し、鎌倉時代初期に、還元焔焼成により焼き締め陶が焼かれるようになりました。鎌倉時代後期には、酸化焔焼成による現在と同じ茶褐色の陶器が焼かれ始めました。当時、多く作られていたのは水瓶や擂鉢等の実用品でした。落としても壊れないと評判で、この時期の作品は古備前と呼ばれて現在でも珍重されています。室町時代から桃山時代には茶道が発展しました。その事により、備前焼も茶陶として人気が高まっていきました。
ただ江戸時代には茶道も衰退しました。必然的に需要も衰えたのです。この衰退の理由は、もっと安価で大量生産が出来る磁器の登場もありました。
備前焼は茶陶から離れ、再び、水瓶や擂鉢や酒徳利など、実用品に戻りました。この時期の作品は、近郷の旧家にかなりの数が残っていると報告されています。
明治や大正でも傾向は変わりませんでしたが、昭和に入って状況に変化が起きました。金重陶陽らの登場です。金重は桃山陶への回帰を図りました。芸術性を高めた作品を世に出し、再び人気が戻ったのです。
陶陽は江戸時代中期以降の伊万里焼や九谷焼の中に埋没していた備前焼を再興させました。そのため、備前焼中興の祖と呼ばれています。陶陽は優れた陶工でありながらも多くの弟子を育てています。その弟子からも人間国宝が出ています。陶陽は重要無形文化財「備前焼」の保持者に認定されています。
備前焼は釉薬が使われていません。酸化焔焼成を利用して堅く締められた赤みの味わいが魅力です。他にもや、窯変により生まれる為に、同じ模様は作れません。
現在では、茶器や酒器、皿が多く造られています。使えば味が出ると言われて非常に人気があります。

備前焼以外の中国・四国エリアの焼物の産地はこちら。

中国・四国
bizen備前焼
岡山県
hagi萩焼
山口県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。