伊賀焼(三重県)

iga

伊賀焼の歴史や特徴をご紹介しております。
当店では物故作家、巨匠作家、人間国宝作家、人気陶芸家の作品を買取しております。
遺品整理等で銘がわからない場合もお気軽にご相談ください。

伊賀焼 の歴史・特徴

伊賀焼は三重県伊賀市で焼かれている陶器です。時代は中世から始まったと言われ古陶として知られています。
生産され始めた頃は、水瓶や、種壷や、擂鉢等、日常に使用される雑器類が中心でした。陶土は山を1つ隔てた所にある信楽焼と同じ琵琶湖層由来の物でした。その為、信楽焼と区別がどつかない状態でした。
変化があったのは、桃山時代の天正年間後期です。伊賀領主、筒井定次が阿山の阿山の槙山窯で、茶の湯に使用する為、茶壺、茶入、花入、水指などを焼き始めた事から少し状況が変わりました。こられの製品が筒井伊賀と呼ばれる物です。
筒井伊賀にはビードロ釉と呼ばれる緑色の自然釉が見られます。それが赤褐色の土肌に出た長石粒と折り重なります。それにより独特の風流さと質朴さが出るようになりました。
その後には、小堀遠州が遠州伊賀と言われる伊賀焼を焼くようになりました。
筒井伊賀とは対照的な、瀟洒な茶器が作られています。
他にも藤堂高次により、藤堂伊賀等も生産されました。しかしこれはすぐに衰退しました。
その後、伊賀焼は興廃を繰り返しましたが、江戸中期に、京都や瀬戸の陶工によりもたらされた施釉陶の技術で再び復興しました。
この磁器は再興伊賀と呼ばれています。
再興伊賀の後茶陶はほとんど焼かれていません。代わりに、土鍋や、行平、土瓶等の日曜食器が焼かれるようになりました。
1982年には、伝統的工芸品の指定を受けています。
伊賀焼の有名作家は福森雅武。伊賀焼きを代表する窯元、土楽窯の七代目当主です。
昭和19年、伊賀丸柱に生まれた福森は25歳の若さにして、土楽窯7代目当主となりました。
「生活と仕事が分離した所に美しいものは生まれない」
この信念に基づき、食器も作るようになりました。
覚性律庵の住職、大阿闍梨、光永澄道の下で「不動明王」「如意仏」などの陶仏も作っています。
現在も、土鍋、食器、酒器、花器、陶仏と、精力的に創作活動を行っています。
同時に伝統を重んじており、型押しの製品が溢れる中、ろくろによる手作りを頑なに守り続けています。そして、土も釉薬も伊賀の物を使い続けています。

伊賀焼以外の近畿エリアの焼物の産地はこちら。

近畿
iga伊賀焼
三重県
shigaraki信楽焼
滋賀県
kyou京焼
京都府

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。