唐津焼(佐賀県)

karatu

唐津焼の歴史や特徴をご紹介しております。
佐賀県東部、長崎県北部で造られた陶磁器です。
茶道具、茶器、湯呑など買取しております。
お電話、メールからご相談ください。

唐津焼 の歴史・特徴

唐津焼は近世初期以来、現在の佐賀県東部、長崎県北部で焼造された陶器の総称です。日常雑器から茶器まで色々な器種が存在しています。作風や技法も多岐に渡り、茶碗は「一楽二萩三唐津」と称されるほど有名です。分派の、武雄古唐津焼と同じく日本の伝統的工芸品に指定されています。
唐津焼は近世初頭から肥前国に散在した諸窯で生産されました。製品が唐津の港から積み出された事にちなみ唐津焼と呼ばれている説もあります。
古唐津の窯跡は、唐津市域だけではありません。佐賀県武雄市、伊万里市、有田町、長崎県佐世保市、平戸市など、広範囲に分布しています。
伊万里や、唐津等、肥前の陶磁器は、豊臣秀吉が行った朝鮮半島への出兵で、朝鮮半島から連れ帰った陶工達が技術を伝えて開窯されたというのが通説でした。しかし最近では、窯跡の調査、堺等の陶片の出土状況から見て、唐津焼の創始は朝鮮出兵より早く、1580年代には開始されていたという説も出始めています。
千利休が所持した道具の中に、奥高齢茶碗と呼ばれる唐津焼の一種、子のこ餅(ねのこもち)がありました。
長崎県壱岐市の聖母宮には天正20年という銘が刻まれた黒釉四耳壺等もあります。これが唐津の在銘最古遺品とされています。そのため、唐津焼は、1591年以前にはもうあったと言われる根拠となっています。
唐津焼の草創期は、食器や甕など日用雑器が中心に作られていました。しかし唐津焼の質朴さ、侘びの精神が組み合わさり、茶の湯道具や、皿、鉢、向付などが好まれるようになりました。
唐津の焼き物は京都や大坂にも販路を拡げた事で、西日本では、からつものと言えば焼き物の事と言われるぐらい多くの人に知られる焼き物となったのです。
桃山時代には、唐津焼は茶の湯の名品としても知られ、一井戸二楽三唐津と格付けで名前が出る程でした。
唐津焼は李氏朝鮮(一説に華南)から伝わった伝統的な技法が現在でも根付いている所です。
蹴轆轤や叩き作りという技法は古唐津から伝わる技法です。現在でもこの製法を行う窯もあります。意匠は非常に素朴で、なおかつ独特の渋みがあります。

唐津焼以外の九州・沖縄エリアの焼物の産地はこちら。

九州・沖縄
arita有田焼
佐賀県
karatu唐津焼
佐賀県
satuma薩摩焼
鹿児島県
tuboya壷屋焼
沖縄県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。