笠間焼(茨城県)

kasama

笠間焼の歴史や特徴をご紹介しております。
茨城県笠間市周辺を山地とする陶器です。
松井康成などの著名な作家がいます。徳利や茶碗、お皿、オブジェなど買取しております。

笠間焼 の歴史・特徴

笠間焼は茨城県笠間市周辺を産地としている陶器であり、春には陶炎祭等が盛大に行われています。陶器市の時期になれば、全国から多くの観光客が集まり賑わっています。
この笠間焼の歴史ですが、江戸時代中期の安永年間から作られるようになりました。箱田村の名主、久野半右衛門道延に招聘された近江信楽の陶工、長右衛門が、窯を築いて陶器を焼いたのがこの笠間焼の始まりとなっています。
その後、笠間藩主の仕法窯として保護される事になり、甕や摺り鉢などの日用雑器が産み出されるようになりました。
幕末から明治になれば、江戸に近い為に技術者や従事者が増加した事により、大量生産も始まりました。
ただ有名になったのは、陶器商田中友三郎が、笠間焼の広報や販路開拓をした事も全国に笠間焼が知られる事になった要因の1つでしょう。
現在では三百人に達する多くの陶芸作家や窯元が存在しています。
笠間焼に使用される土は、関東ローム層から出る笠間粘土となっています。他にも、蛙目粘土と呼ばれる物があり、これは花崗岩の風化の影響により出来た鉄分を多く含む土となっています。
笠間粘土は、強い粘りを持っており、粒子がきめ細かいです。その為に丈夫な焼き上がりとなりますので、日常雑器等を作るには最適で理想的な土と言われています。
戦後になると若い陶芸家達が笠間に集まるようになりました。伝統に縛られない自由な作品を作る事が出来るのが、非常に魅力的だったからです。
現在では実用的な水瓶や徳利が作られていますが、他にも芸術的な作品、オブジェまで、様々な焼き物が産み出されています。
笠間焼に関連する有名作家では、松井康成が居ます。国の重要文化財である、練上手の保持者であり、人間国宝となっています。
基板は伝統技術ですが、それだけでは無く、現代に合わせた個性豊かな陶芸のあり方を練上手という技法を集大成し、陶芸のあり方を世に知らしめた事でも知られています。

笠間焼以外の関東エリアの焼物の産地はこちら。

関東
masiko益子焼
栃木県
kasama笠間焼
茨城県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。