黄瀬戸・瀬戸黒(愛知県)

kiseto

黄瀬戸・瀬戸黒の歴史や特徴をご紹介しております。
黄瀬戸は巧葉色、瀬戸黒は黒色のの陶器です。
茶碗が多くあります。
茶碗、ぐい呑み、湯呑等を出張買取しております。
片付け、遺品整理などで手放すことをお考えの際はお気軽にご相談ください。

黄瀬戸・瀬戸黒 の歴史・特徴

美濃焼きに、黄瀬戸、瀬戸黒と呼ばれる物があります。
美濃焼は、岐阜県土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市を中心とした産地で造られる陶磁器の総称です。
1978年に、通商産業省によって伝統的工芸品に認定されました。
美濃焼きは平安時代に作られた須恵器から発展しました。鎌倉時代以降、古瀬戸系施釉陶器を焼く斜面を利用した窖窯により、陶器の生産が始まりました。
15世紀初頭、土岐市域に窯が散在的に築かれました。16世紀には織田信長の経済政策により、瀬戸市周辺の丘陵地帯の陶工たちが美濃地方の集落に移り住みました。そこで、窖窯より焼成効率に優れた地上式の単室窯が多く造られました。
桃山時代になると、志野焼に代表される「美濃桃山陶」が焼かれ始めました。そこから一大産地と変わったのです。これが美濃焼の基礎となりました。
江戸時代には窯の構造が大窯から連房式登窯と変わりました。志野焼だけでは無く、織部焼等の優れた品が多数生み出されました。
江戸時代中期には「御深井」が焼かれたのです。現在では、日本の和食器や、洋食器の大半が生産される大窯業地となっています。
黄瀬戸は室町時代から流れている朽葉色の陶器です。珍重されている物は桃山期の美濃産でしょう。肉厚で透明な釉色の透明なぐいのみ手、薄造りで不透明なあやめ手、江戸期に作られた厚手で光沢の強い菊皿手等があります。
美濃の瀬戸黒は、黒釉陶器です。茶碗で多く見られ、半筒形をしており高台は低くなっています。この瀬戸黒は、千利休の好みで造られたとも言われています。

黄瀬戸・瀬戸黒以外の北陸・東海エリアの焼物の産地はこちら。

北陸・東海
kutani九谷焼
石川県
sino志野焼
岐阜県
oribe織部焼
岐阜県
kiseto黄瀬戸・瀬戸黒
愛知県
tokoname常滑焼
愛知県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。