京焼(京都)

kyou

京焼きの歴史や特徴をご紹介しております。
茶道具関係が多くあり、著名な作家は、清水六兵衛、三浦竹泉、尾形乾山、青木木米、永樂保全など多数います。
京焼きの著名作家を買取しております。
まずはお問合わせください。

京焼 の歴史・特徴

京都には粟田口焼や御室焼などの陶磁器があります。これらが京焼です。
一度焼いた後に上絵を施す上絵付け技法を用いた陶器が多くあります。そして、作家の個性が強く出る事でも知られています。
慶長年間初頭、1590年代末に京焼の生産は始まっていたとされています。この時期の作品はまだ解明されていない部分も多いです。
京焼は低い温度で焼成し、鉛が含まれた釉薬が使用されています。技法やデザインについても、本当に多種多様な所が特徴でしょう。
この時期以前の京都では、三条粟田口界隈に陶磁器の窯元が集中しており粟田焼が造られていました。
天正年間以前の十六世紀中頃は、三彩や、交趾焼等の技術を持った中国人陶工やその後継者が、製陶を始めていたようです。釉薬の特徴は、緑、紫、紺、黄など寒色系です。これが押小路焼のルーツと考えられています。
17世紀には、茶道が興隆しました。その事により茶碗、茶入れ等、茶陶の製造が京焼でも盛んに行われるようになりました。
瀬戸焼や美濃焼きや唐津焼の職人の技法がベースとなり、高齢茶碗の写しも造られています。この頃、山城国で黒谷土と言う原料土が発見されました。この黒谷土が陶磁器を多く生産する助けとなりました。
粟田口焼、粟田焼は、京焼でも最も古い部類に入ります。寛永年間に粟田口で生産されていました。製品としては主に、中国の茶器の写しや天目茶碗です。同時期の1640年には、八坂焼、1643年までに、清水焼きの存在が確かめられています。続いて、御室焼、御菩薩池焼、修学院焼が造られていきました。
明治以降になると茶陶の需要が大きく減った事で廃業をした陶工達も多いようです。ただ、陶工の中には日本陶器等の企業に入っている例もあります。

京焼以外の近畿エリアの焼物の産地はこちら。

近畿
iga伊賀焼
三重県
shigaraki信楽焼
滋賀県
kyou京焼
京都府

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。