織部焼(岐阜県)

oribe

織部焼の歴史や特徴をご紹介しております。
美濃焼の一種で志野焼の後に造られました。
千利休の弟子の指導により様々な茶器が作られました。
当店は、茶器、茶道具の買取をしております。売却をお考えの方はメールやお電話でお問合わせください。

織部焼 の歴史・特徴

桃山時代の慶長10年頃から元和年間。美濃地方で生産された陶器の1つに織部焼があります。美濃焼の一種ですが、志野焼の後に造られました。
千利休には、大名茶人、古田織部という弟子が居ました。その古田織部が指導して作られたのが織部焼です。この織部焼、古田織部の好みが反映されています。奇抜で斬新な形、文様が特徴です。そのデザインが施された茶器を中心に、多くの織部焼が生産されました。
織部焼の元と言われているのが、中国南方から南蛮貿易でもたらされた、交趾焼(華南三彩)です。
大量生産をする為、陶工である加藤景延が、唐津から連房式登窯を導入したと言われています。
代表的な窯は、元屋敷窯です。窯が開かれた直後、慶長年間が最盛期でした。この時期に造られた物に優品が多いです。
元和年間に入ると、器の形や模様が単純化されました。元和末年から、寛永初めの頃には、古典的青磁の復興を目指した、黄緑色から淡青色の御深井釉を使用した御深井焼が本格化しました。その影響もあり織部焼は徐々に姿を消したのです。
織部焼は、織部黒・黒織部、青織部、赤織部、志野織部があります。その中でも一番有名なのは、緑色の青織部です。茶碗は、織部黒・黒織部ばかりで、他は食器類が多いです。
他にも抽象を重んじる他の茶器と一線を画しています。歪んだ形の沓茶碗。絵付けは市松模様や幾何学模様。後代になると、扇子などの形をした食器や、香炉が多くなります。

織部焼以外の北陸・東海エリアの焼物の産地はこちら。

北陸・東海
kutani九谷焼
石川県
sino志野焼
岐阜県
oribe織部焼
岐阜県
kiseto黄瀬戸・瀬戸黒
愛知県
tokoname常滑焼
愛知県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。