常滑焼(愛知県)

tokoname

常滑焼の歴史や特徴をご紹介しております。
日本六古窯の一つです。
三代山田常山重要無形文化財(人間国宝)に指定されてます。
花器や茶碗、湯呑、茶器、皿など買取いたします。
お気軽にご相談ください。

常滑焼 の歴史・特徴

愛知県常滑市を中心とした周辺を含む知多半島内で焼かれる陶器が常滑焼です。日本六古窯の一つです。
常滑焼は原料に含まれた鉄分を赤く発色させています。土肌を活かした物や、釉薬を施した製品があります。
平安時代末期、猿投窯南部の灰釉陶窯が南下して、知多半島古窯跡群が形成されました。それが母体となっています。灰釉陶器の伝統には無かった、大型の甕、新しく壷を主な器種として作成し、瓷器系中世陶器の主要生産地となりました。
中世の常滑焼の窯跡は、1,000基以上、あるいは、数千基に及ぶと言われています。ただ、実数は不明となっています。
平安時代の末期の常滑焼は素朴でありながら、王朝文化の名残があり実に優美です。
鎌倉時代には素朴で力強さを感じさせる壺や甕が造られました。平安時代末期以来、太平洋沿岸で流通していました。そして鎌倉時代になると流通圏が拡されたのです。
瀬戸内地方の広島県福山市にある草戸千軒町遺跡では、鎌倉時代の常滑焼が数多く出土しています。
室町、安土桃山時代には、茶の湯や生花の為の用品が多く作られました。江戸時代の中期になるとカメになり、江戸時代には茶の湯や生花だけでは無く、暮らしの器も多く造られ始めました。明治には、土管、洗面器、便器等、タイル、植木鉢等も作成されるようになりました。

常滑焼以外の北陸・東海エリアの焼物の産地はこちら。

北陸・東海
kutani九谷焼
石川県
sino志野焼
岐阜県
oribe織部焼
岐阜県
kiseto黄瀬戸・瀬戸黒
愛知県
tokoname常滑焼
愛知県

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。