村田陶苑(ムラタ トウエン)

当社では村田陶苑の陶芸品を出張、宅配、予約持込にて買取させていただきます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので自信があります。人間国宝や有名物故作家だけでは無く、他店では取り扱いをしていない現代の陶芸家のものでも買取りしております。まずは気軽にご相談ください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。
  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 作家の銘があっても作家本人作では無い工房作品や窯、監修品など大量につくられている日用品に近いものもあります。

陶器専門店

村田陶苑 作家情報

八塔亭二寧 村田陶苑は京都府出身の陶芸家です。勲六等単光旭日章受章も果たしており昭和の名工と呼ばれました。村田陶苑は京焼の伝統的な技法を駆使した陶彫技術が高い評価を受けています。他の作家の追随を許さないほどの実力でまさに村山陶苑の独壇場と称されたほどです。 村田陶苑の制作する東山人形は、京焼の原点に近い仕事で作られます。型打ちで成形した人形を低火度焼成の内窯で焼成するのです。そして顔料を使って彩色を加えた童子人形です。喜怒哀楽表現が豊かに表現されているユーモラスな東山人形は、戦時中、精神的に追い詰められた人々に安らぎを与えたので大量生産されています。

そのため慰問袋にも入れられたと伝えられています。村山桃苑が作り上げた東山人形は、それ以後、京都で制作される陶人形の方向性を示したとも言われているのです。 村山桃苑は中国や日本の古典だけではなく、能からもモチーフを得た作品を制作しました。これは村山独特の世界観が反映されており村山桃苑ならではの作品をいくつも作り上げています。陶芸作家というより、職人ということにこだわりを持ち続けた作家でした。亡くなる97歳まで、現役の陶芸職人として作品を創作し続けてその作陶人生を終えたのです。まさに名工と呼ばれる相応しい生き方を全うしました。

村田陶苑 略歴

1905年京都五条坂で、江戸初期創業と伝わる井筒屋の系譜累世陶匠村田家の長男として生まれる。
1917年京都市立一橋尋常小学校卒業。祖父、永翁、父、芳仙(二代永翁)の元で陶工の基礎を学ぶ。
1921年日本画科を志し山元春挙画塾で写生技法を学ぶ。
1922年祖父永翁没。享年82歳。絵画への興味を強くして日本画に没頭する。
1929年京都陶磁器合資会社で2年勤務。製品見本のデザインに従事。
1940年戦時下の統制経済による燃料の入手が困難となる。そのため低火度焼成の陶人形の製作をはじめる。雅号は陶苑。
1942年京都市東山区清水の二寧坂近くに移る。近くに八坂塔があったことから、その五重塔にちなみ八塔亭二寧と称す。
戦時下の物資不足のため素焼きに彩色を施す。陶人形、いわゆる東山人形の制作を始める。
1943年第一回工芸技術保存作家認定。
1945年人形置物の製作を本格化させる。
1955年人形制作以外にも高火度焼成の陶芸作品の製作を再開。
1964年元文部大臣初代近代美術館長の岡部長景に勧められて第一回個展を日本橋三越本店で開催。
その際には三笠宮同妃両殿下と高松宮妃喜久子殿下がご来場される。
1966年第二回個展を日本橋三越本店で開催する。
当時の皇太子同妃両殿下と秩父宮妃勢津子殿下がご来場される。
1968年第三回個展を日本橋三越本店で開催。
1969年京都府伝統産業優秀技術者によって京都府知事から表彰される。
1970年第四回個展を日本橋三越本店で岡部長景氏追悼展を開催。
以後、個展は中断。
1973年京都陶磁器業界の振興発展に尽力した功績で京都市長表彰。
1974年卓越技能者。昭和の名工として労働大臣表彰。
1976年勲六等単光旭日章を受ける。
1982年岡部長景氏十三回忌を迎え、銀座和光ホールで第五回個展を開催。
北川靖記編「八塔亭二寧 作品集」刊行。
1983年大阪・岸和田市民ギャラリー「自泉会館」竣工記念。岸和田名誉市民 岡部長景氏を偲ぶ村田陶苑展開催。
1984年第七回個展を京都高島屋で開催。
1989年京都陶磁器協同組合連合会制作ビデオ「京焼・清水焼 色絵陶その精髄 村田陶苑の世界」が完成。
2002年赤絵大津絵の皿、鉢、手鉢製作。11月24日焼成を完了して絶作となる。
同年12月5日 老衰で他界。享年97歳。
2004年日本橋高島屋で追悼展「神の手を持つ幻の陶工 村田陶展」開催

作家と関連の深いやきもの紹介

021 kyoyaki京焼
京都で焼かれたやきものは京焼と呼ばれます。京焼は全体的に華やかな作品が多いですが、手法は幅広くあります。代表的な色鮮やかな色絵陶磁器から、天目・青磁・染付などの中国の技法、伊羅保や粉引等の朝鮮の焼き物備前、信楽などの土っぽい焼〆の陶器、瀬戸・美濃まで様々です。
多数の個人陶芸家が日展や伝統工芸会等で活躍すると同時に、伝統技術を継承する窯元が高級食器を生産し続けています。京焼は手作り・手描きの伝統を守りこだわりのある少量生産の作品が中心です。茶道文化の中心である京都では雅・わび・さび等の洗練された焼物が作陶されています。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。