沈壽官(チン ジュカン)

沈壽官の作品を査定、買取してます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので是非ご相談ください。陶磁器のコレクション売却や遺品整理の際もお問合せください。壷や皿、茶道具、香道具、酒器などの作家作品はおまかせください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 作家が同じでも、大きな皿より小さな盃の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。

陶器専門店

沈壽官 作家情報

沈 壽官は、14代沈壽官の長男として鹿児島県に生まれました。薩摩焼を代表する一族です。15代、沈 壽官は後継者として幼い頃から焼物に触れて育ちました。京都市立工業試験場で学びんだほか、イタリア国立美術陶芸学校にも入学しています。そこでは、西洋の作陶技術を学びました。

作品には沈家の薩摩焼の伝統を引き継いでいますが、余白の取り方や造形に、15代目独自の工夫がされています。白薩摩の金襴手や、精緻を極める透かし彫り、蝶や小動物の浮き彫り等は、沈 壽官一族伝統の作陶技術により作製されています。繊細な貫入に定評があります。韓国の明知大学客員教授に就任しました。日韓交流を、積極的に行っています。

沈壽官 略歴

1959年14代沈壽官の長男として生まれる
1983年早稲田大学教育学部を卒業
1984年京都市立工業試験場を修了
1985年京都府立陶工高等技術専門校を修了
1986年イタリア国立美術陶芸学校ファエンツァ校専攻科に入学
1987年フランスのベルナルド・コンペティションで入選
1988年イタリア国立美術陶芸学校を卒業。
イタリアのチルコロ・フィオーレに入選。
1990年大韓民国京幾道金一萬土器工場でキムチ壷作製の修業
1999年15代沈壽官を襲名
2000年韓国の明知大学の客員教授に就任。
十五代沈壽官襲名展を開催。
2003年韓国ソウル錦湖美術館で現代韓日陶芸展に参加。
錦湖美術館に作品を買上げられる。
2010年パリ・エトワールで歴代沈壽官展を開催
2012年麗水万博日本館サポーターに任命
2012年鹿児島県ユニセフ協会副会長に就任

作家と関連の深いやきもの紹介

057-satu薩摩焼
薩摩焼は鹿児島県内で焼かれる陶磁器です。文禄・慶長の役の頃、当時の藩主島津氏が朝鮮から連れ帰った李朝の陶工たちによってはじめられました。製品から分類すると、白薩摩(白もん)、黒薩摩(黒もん)、磁器のと分けることができます。白薩摩は、淡い黄色の地に無色の釉薬が掛かけられ、表面を貫入が覆っています。これに、染付や色絵、金彩をなどで装飾を施しています。黒薩摩は、黒釉、褐釉、飴釉など各種の色釉をかけて仕上げた陶器で、鉄分の多い陶土を使用しているため器胎は茶褐色をしています。

薩摩焼で有名な沈壽官は現在まで十五代続いてます。十四代沈壽官は華麗な錦手鉢、刻文陶の伝統を守りながら、辰砂、鉄絵など李朝陶磁風も試みました。また、司馬遼太郎によって「井光釉」と命名された独特の釉面をもつ黒釉を開発しました。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。