山田山庵(ヤマダ サンアン)

山田山庵の作品を査定、買取してます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので是非ご相談ください。陶磁器のコレクション売却や遺品整理の際もお問合せください。壷や皿、茶道具、香道具、酒器などの作家作品はおまかせください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 作家が同じでも、大きな皿より小さな盃の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。

陶器専門店

山田山庵 作家情報

山田山庵は1906年、実業家である大木惣十郎の五男として生まれました。光悦黒茶碗「くいちがゐ」を所持していたことでも知られています。山田山庵は本阿弥光悦に憧れて楽茶碗の製作を始めました。しかしその腕前は趣味の域を超えて本阿弥光悦や楽長次郎などと比較してもどちらが本物か分からないほどとなったのです。 その腕前を表したこんな逸話が伝えられています。ある日、松永耳庵が茶会で一碗を点じました。その際、茶碗が光悦の本物だと思った松永耳庵は譲って欲しいと道具商と交渉をはじめようとしたのです。しかしその茶碗、実は光悦の作品ではありませんでした。なんと山田山庵の光悦写しだったのです。そんな逸話が、笑い話として語られています。

しかし電力王、電力の鬼と呼ばれた大起業家であり茶人でもあった松永耳庵も勘違いするぐらいですから、山田山庵の陶芸技術の高さが伺えます。そのため山田山庵は今光悦とも呼ばれました。光悦写しの第一人者でありますが、同時に独自の作品も作っています。 その作風はデパートなどで数度の個展を開催できるほど魅力あふれるものでした。山田山庵の作品を光悦のものと勘違いした松永耳庵は、山庵の作った楽茶碗を気に入り、実際に使用していたと言われています。 ただ山田山庵は陶芸家ではありませんでした。あくまで数寄者という立場だったのです。そのため山田山庵の陶芸作品は人出に出回ることは少なかったのです。ただ、限られた人々や範囲での取引しかされませんでした。

山田山庵 略歴

1906年栃木県栃木町嘉右衛門町で、実業家大木惣十郎の五男として生まれる。本名は大木惣五。
1914年県立栃木中学を卒業。1929年に法政大学卒業。
1933年東京の元骨董屋の娘山田志づ子と結婚。
学生時代は趣味だった骨董が徐々に専門的になる。実業家としても活躍しました。
1934年名古屋の中村道年の窯場を訪問。
茶碗作りに魅せられて土を譲り受ける。手造りで茶碗制作を始める。
戦前、長次郎、のんこ了入などの楽茶碗を中心に制作。
戦後は光悦風の茶碗を作るようになる。
1959年東京日本橋壺中居で初の個展開催。全作品非売品。
その後も不定期に数回開催。
1962年京日本橋で楽茶碗展を始める。
1968年東京吉兆で志野茶碗展。
1970年壺中居で高麗風茶碗展。
1988年壺中居での個展、自選楽茶碗が生前最後の個展となる。
1995年

作家と関連の深いやきもの紹介

069 kyosyo茶碗
茶碗とは茶の湯において用いられる茶を入れて飲むための碗です。ここでの茶碗は茶道具に使われる碗を指します。茶碗は奈良時代から平安時代にかけて茶器の一つとして中国から茶と一緒に日本に伝来しました。
日本の茶の湯では季節や趣向により様々な茶碗を用いります。
「唐物」(中世から近世にかけて尊ばれた中国製品のこと)
・天目茶碗 室町時代を中心に中国(宋)から日本へ輸入された。天目釉(鉄釉)をかけて焼かれた陶器製の茶碗のこと。
・青磁茶碗 中国南宋官窯の青磁や、同安窯系の珠光青磁など。青磁釉を施した陶器製の茶碗のこと。
「高麗物」(高麗茶碗、16世紀半ばから日本の茶道で用いられた)
・井戸茶碗 朝鮮王朝時代の民間雑器の碗を日本茶人が茶器に見立てた。
・三島茶碗  朝鮮王朝時代に造られた茶碗。
「和物」 「一楽二萩三唐津」と謳われるほど、茶人好みの器を焼いてきました。
・楽焼茶碗 千利休らの嗜好を反映した手捏ねによる歪みと厚みのある形状が特徴である。
・萩茶碗 陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「七化け」が特徴。
・唐津茶碗 ・志野茶碗、織部茶碗、瀬戸黒茶碗、黄瀬戸茶碗、伯庵茶碗等

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。