中里逢庵(十三代中里太郎右衛門)
(ナカザト ホウアン(13代ナカザト タロウエモン))
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「中里逢庵(十三代中里太郎右衛門)」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

お問合わせ・ご相談無料

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門) 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門) 作家情報

中里逢庵(13代中里太郎右衛門)は1923年に、12代中里太郎右衛門の長男として佐賀県唐津市に生まれました。作陶力向上のため絵画能力を重視した父の意見により佐賀県立唐津中学校を経て美術学校である官立東京高等工芸学校工芸図案科に入学しました。
古唐津再興を成した実父の跡を継ぎ、古唐津焼を研究し、その中でも「叩き」の技法を基本として独自の作風を築きました。しかし父より受け継いだ古唐津スタイルの伝統を堅持しつつも中里逢庵は芸術性の高いモダンな唐津焼を求めました。

1951年に陶彫「牛」で日展初入選をし、1967年に日展会員となりました。1981年に「叩き唐津三島手付壺」により内閣総理大臣賞を受賞、1984年に「叩き唐津手付瓶」で日本芸術院賞を受賞、1985年日展理事に就任をしました。
そして1995年と1997年に紺綬褒章を受章し、2008年には旭日中綬章を受賞しました。
また古窯跡から出土した古陶片の研究により現代に古唐津の技法を蘇らせ従来の京都風唐津焼スタイルを一変させ、安土桃山時代風の古唐津スタイルを確立させたことで1976年に人間国宝認定を受けました。

そして作陶の傍らで唐津焼の起源を精力的に研究したことでも知られており、東南アジアなどの実際調査をした研究成果を多くの著作論文にまとめ積極的に発表し、2004年には提出した博士論文「唐津焼の研究」が京都造形芸術大学に認められ博士号を取得しています。
2009年に死去されました。中里逢庵の一生を振り返ると、古唐津再興をなした父・無庵の跡を継ぎ、生業と芸術の間を揺れ動き、陶芸家および陶磁研究者としても努力された方でした。

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門) 略歴

1623年佐賀県唐津市に生まれる。
1943年東京高等工芸学校(現千葉大学工学部)工芸図案科卒業
1951年陶彫「牛」により日展初入選
1965年現代工芸美術家協会視察団として欧州、中近東視察
1967年日展会員となる
1969年13代中里太郎右衛門襲名
1981年「叩き唐津三島手付壺」により内閣総理大臣賞受賞
1984年「叩き唐津手付瓶」により日本芸術院賞受賞
1985年日展理事に就任
1992年佐賀県重要無形文化財認定
1995年唐津市政功労賞受賞
紺綬褒章受章
1997年紺綬褒章再受章
2000年日本工匠会(日工会)会長就任
2002年長男・忠寛に名跡を譲り、得度して逢庵と号する
2004年京都造形大学より博士号を授与
2007年日本芸術院会員となる
2008年旭日中綬章を受ける
2009年死去
2010年佐賀県立美術館で「特別展示「中里逢庵 唐津十選」」を開催
2020年唐津市に中里家歴代の代表作を展示する「御茶盌窯(おちゃわんがま)記念館」がオープン。

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門)の技法について

叩き技法(唐津)
叩きづくりは古来から行われる成形技法のひとつです。叩き木と当て木で器の内と外から叩きながら成形する技法です。
粘土を叩き締めるため、軽くて丈夫な器ができます。当て木と叩き板に彫りを入れる理由は粘土を叩いたあとに剥がれやすくするためですが、これにより器の表面に繰り返しの陰刻文ができます。この凹凸が叩きと見分ける基本となり結果的には装飾的な効果をもたらします。叩きの技法は粘土の塊に拳や石で凹みを付け、それを叩き延ばしていく成形法もありますが、一般的には、まず底に板状の粘土を置き、その上から紐作りで輪状に積み上げ、ある程度の高さになってから両側から叩き締めます。

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門)の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

中里逢庵(十三代中里太郎右衛門) 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら