今井政之(イマイ マサユキ)

今井政之の作品を査定、買取してます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので是非ご相談ください。陶磁器のコレクション売却や遺品整理の際もお問合せください。壷や皿、茶道具、香道具、酒器などの作家作品はおまかせください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 作家が同じでも、大きな皿より小さな盃の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。

陶器専門店

今井政之 作家情報

今井政之は1930年、父親の郷里広島県賀茂郡竹原町に生まれました。父親に勧められて行った岡山県備前市伊部で陶芸の魅力に取り憑かれたことから本格的に作陶を始めたきっかけです。西川清翠に師事をしています。岡山県工業試験場窯業分室に勤務をしながら、土器の発掘や備前や備中の土や陶石の採集や研究をし、陶芸技術を磨きました。 その後、故郷に戻った今井政之は自分の工房を開くと、自然にある、花や、鳥、魚などをモチーフにして象嵌をした作品を発表するようになりました。工房の地だけではなく、旅先での感動から作られた作品も少なくありません。花や魚の模様を象嵌する技法で日展での受賞など高い評価を受け日本でも第一人者と言われています。

今井政之は自然をモチーフにした象嵌だけではなく、苔泥彩と呼ばれる独自の技法を生み出しています。少し沈んだ緑味をした渋い色の泥を使う技法であり、ざらつきのある苔のようなしっとりとした作品が生み出されます。この苔泥彩は現代陶芸界の新しい領域を開拓したと高い評価を受けています。 象嵌の技法が使われている作品は、表面に凹凸がないのでなめらかな物になっています。象嵌や苔泥彩以外にも三島手、白磁なども制作しており幅の広さも今井政之の魅力と言えるでしょう。

今井政之 略歴

1943年父親の郷里である広島県賀茂郡竹原町(現・竹原市)に移る。
広島県立竹原工業学校(現・広島県立竹原高校)卒業。岡山県備前市で備前焼の修行を始める。
1952年京都に移る。初代勝尾青龍洞の門に入り楠部彌弌に師事。
1953年青陶会創立メンバーになる。
同年、第9回日展に初入選。
1959年第2回新日展で特選、北斗賞を受賞。
1963年第6回新日展で特選、北斗賞を受賞。
1965年異例の早さで日展審査員を務める。
1976年評議員。
1998年理事に就任。以降、日展重鎮作家として地位を築く。
1993年京都府文化功労賞。紺綬褒章。
1995年毎日芸術賞。
1998年「赫窯双蟹」で日本芸術院賞。
2003年日本芸術院会員常務理事。
2008年京都府文化賞特別功労賞。
2009年旭日中綬章受章。
国際陶芸アカデミー会員。京都文化財団理事などを務める。
2011年文化功労者。

作家と関連の深いやきもの紹介

017 hikamahito象嵌技法
素地に線彫りや印花を施し、その中に素地色と異なる泥を塗りこめて器面を装飾する技法です。象眼とも書き嵌華ともいいます。古くは金属工芸にみられましたが、漆器や陶器にも応用されるようになりました。陶芸作品の場合、素地が生乾きの状態で象嵌を施します。土を削り取って凹んだ箇所に色の違う土を埋め込み、乾燥がしてきたら色土をヘラなど工具で慣らして素地に密着させます。象嵌土と素地の性質が異なれば、耐火度や収縮率も異なるので、その差が大きければ収縮で象嵌が剥がれたり、ひび割れの原因となります。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。