小林東五(コバヤシ トウゴ)

当社では小林東五の陶芸品を出張、宅配、予約持込にて買取させていただきます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので自信があります。人間国宝や有名物故作家だけでは無く、他店では取り扱いをしていない現代の陶芸家のものでも買取りしております。まずは気軽にご相談ください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 同じ作家の壷でも図案や技法によって、金額が10倍以上違うこともあります。
  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 作家の銘があっても作家本人作では無い工房作品や窯、監修品など大量につくられている日用品に近いものもあります。

陶器専門店

小林東五 作家情報

小林東五は1935年、京都で小林全鼎(雲道人)の長男として生まれました。才能や体力もなかった小林東五は、父親から一人旅で世界を見ることを告げられて旅立ちました。その旅の中で小林東五は焼物をすることに思い至ります。しかし特定に師に就きたくなかった小林東五は、韓国へ渡ると李朝陶器の陶片から色々なことを学んで行きその過程の中で李朝陶器に強く魅せられました。 李朝陶器に魅力を感じて研究をし、現在では李朝陶器を継承する第一人者として知られています。小林東五が注目した頃、韓国でも李朝陶器は廃れていたことから、その功績は大きいと言えるでしょう。

小林東五は対馬に窯を築いています。対馬は韓国に近いだけではなく土も一番近い土だったからでした。父親が亡くなってから本格的に陶芸家として活動を始めています。粉引や奥高麗、三嶋や斗々屋、伊羅保や刷毛目など多数手がけているのですが、最も高い評価を受けているのは井戸茶碗です。 小林東五はお酒を愛しており、酒器にも優れた作品を作り上げています。古雅な作風ですが、その中にちょっとした遊び心や自由自在な精神性が見え隠しており、それが小林東五独自の作風を作り上げています。他にも禅を極めた父親から漢籍や書画や篆刻を学んでいます。 韓国では陶磁だけではなく詩書や篆刻で個展を開催しています。しかし古希になって陶芸家としての気力や体力に限界を感じて陶芸を引退しています。

小林東五 略歴

1935年京都府で生まれる
1951年父親から漢籍や書画、篆刻の手ほどきを受ける。
1973年高麗陶磁制作のため韓国へ渡る。三嶋系統の再現に力を注ぐ。
1976年日韓文化交流の一環として韓国ソウルで、詩書、篆刻、陶磁の個展開催。
1979年東京日本橋で詩書、篆刻、陶磁の個展開催。
1981年対馬に對州窯を復興。
1983年名古屋で對州窯初の個展開催。
1996年東京で還暦記念展開催。
1998年大阪で「酒宴の器展」を開催。
2005年東京日本橋で古稀記念展開催。
同年、陶芸家として気力と体力に限界を感じ引退。

作家と関連の深いやきもの紹介

013 karatunaka井戸茶碗
高麗茶碗の種類の一つで、佗茶に用いられる朝鮮産の朝顔型の茶碗です。井戸茶碗は佗茶の茶碗の最高位のものとして早くから賞されていました。「竹の節高台」と称される高い高台をもち、高台付近は強度の貫入でひどく爛れ縮れています。これをカイラギ(梅花皮)といい独特の見所とされています。
大井戸はおおぶりな井戸茶碗、青井戸は青い朝顔形に開いた茶碗、小井戸は大井戸よりも形が特徴がともに小振りのものを指します。

陶芸家小林東五は、李朝のうつわを継承する第一人者です。李朝の写しには小林東五の個性が加わり、独特の世界を作り出してます。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。