加藤唐九郎
(カトウ トウクロウ)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「加藤唐九郎」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

加藤唐九郎の陶芸品 買取価格相場

加藤唐九郎は大変人気のある陶芸家で、荒川豊蔵に並び桃山陶の第一人者です。人間国宝や文化勲章受章などの肩書はありませんが、取引相場価格はトップクラスです。
種類、意匠、状態、箱、鑑定書等、様々な要因があり、相場価格は一概にいくらとは言えませんが、人気のある作品で約100万~500万、特別な作品や希少性の高い作品だと1000万円以上ともなる作品もある高価格帯の作家です。
基本的には茶碗の価格が高いですが、ぐい呑にも希少性があり買取価格も高いことが多いです。皿や鉢、湯呑などの食器は数十万単位での価格帯もあり、全ての作品が何百万円以上になる訳ではありません。
作品には掻き銘や印銘で「一ム」」「一ム才」「TK」「玄」「唐」「一」などのサインがあります。
加藤唐九郎を含め陶芸作家作品では、『共箱』の重要性があげられます。共箱とは作家本人が署名をした箱の事を言いますが、真贋の証明だけでは無く、作品に作家本人の箱書があるということは、作家自身が世に出すことを認めた作品となり、出来映えが良いと保証されているような意味合いもあります。加藤唐九郎の作品は、贋作が非常に多くありますので、共箱があってもさらに鑑定書が必要な場合もあります。正式な鑑定機関は東京美術倶楽部で、有料で鑑定証書の発行依頼ができます。
宅配の買取ではなく、必ず出張か店頭での査定買取になります。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

加藤唐九郎 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

加藤唐九郎 作家情報

加藤唐九郎は、半農半陶であり窯業を営んでいた加納桑次郎、みと夫妻の長男、庄九郎として生まれました。その為に、幼少の頃より、窯場のある光景が日常という環境でした。
父の製陶工場の一部の使用権を譲り受けた唐九郎はそれから本格的な作陶生活に入りました。
唐九郎が出版した「黄瀬戸」という本は世間に衝撃を与えました。唐九郎の主張は、「瀬戸焼の祖、加藤四郎景政は実在していなかったのではないか」というものです。その存在を疑い、少なくとも開祖では無いのではないかと結論付けたのです。これより、唐九郎は大きな非難を受けました。
のちに唐九郎は織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定されました。しかし、のちに起こした永仁の壷事件で、国の無形文化財有資格者の認定を取り消されています。この永仁の壷事件は、愛知県の東春日井郡志段味村の窯跡から、鎌倉時代末期の年号である「永仁」の文字が入った壺が発見された事が発端でした。1960年に重要文化財に指定されたのですが、その壷、実は加藤唐九郎が作成した偽物という事が発覚したのです。ただ、事件の真相は未だに謎が残っています。
その後も加藤唐九郎は精力的に作陶を続けており、数々の賞を受賞しています。他にも桃山時代の陶芸の研究と再現に務めました。

永仁の壷事件等、大事件を起こしていますが、陶芸に対する力量は疑いの余地の無い物でした。
瀬戸古窯地の調査を通して、古瀬戸、織部焼、志野焼の技法を研究して高度な技術を身に付けています。
特に、志野焼に対しては生涯に渡って理想を追い求めました。
受賞歴多く、愛知県文化教育功労賞、同文化賞、中日文化賞など、数々の賞を受賞しています。

加藤唐九郎 略歴

1897年加納桑次郎、みと夫妻の長男として生まれる
1911年中根塾に入門
南画、漢籍を学ぶ。
1914年父の製陶工場の一部の使用権を譲り受け、本格的な作陶生活に入る。
1933年宝雲社から黄瀬戸という本を出版
1952年織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定される
1960年永仁の壷事件を起こし、国の無形文化財有資格者の認定を取り消される。
1965年毎日芸術賞を受賞等
1985年逝去
2004年佐野美術館で「特別展 没後20年 荒川豊蔵と加藤唐九郎展」を開催
2008年菊池寛実記念 智美術館で「加藤唐九郎・重高・高宏—窯ぐれ三代展—」を開催
2018年知県陶磁美術館で開催の「現代の陶芸-愛知の作家たち」に出品
2019年高松三越で開催の「近代現代陶芸秀作展」に出品

作家と関連の深いやきもの紹介

桃山陶
桃山陶は、当時、京や大阪、境といった都市を中心に広まった茶の湯の流行を背景に誕生しました。日本のやきものにはなかった創意あふれる茶陶として注目されました。
美濃桃山陶の特徴は、織部黒や黒織部茶碗にみられる歪み、黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部にみられる色彩表現です。
16世紀後葉から黄瀬戸・瀬戸黒・志野といった桃山茶陶の生産が始まると、瀬戸と美濃との間に内容の差が生まれました。現在ではこの桃山茶陶の登場以降を美濃焼としてとらえる考え方が一般的になっています。

加藤唐九郎の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

加藤唐九郎 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら