中川浄益(金工家)
(ナカガワ ジョウエキ)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「中川浄益(金工家)」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

お問合わせ・ご相談無料

中川浄益(金工家) 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

中川浄益(金工家) 作家情報

中川浄益は1559年~2008年まで続いている千家十職の一つ、金物師(かなものし)の中川家当主が代々襲名する名称です。元々は越後国(現在の新潟県)で甲冑・鎧を作っていたが、茶道具を初めて手掛けた初代・中川與十郎が紹益を名乗り、二代目浄益以降の当主は浄益という名を継いでいる。

現在は、十一代浄益が2008年に亡くなられたその後は空席のままであります。

中川家は錺師(かざりし)とも言われ、金工の精巧な茶道具を得意とし、優れた金工の技術を継承してきています。その作品は鉄を鍛造して制作する槌物(うちもの)と鋳造による鋳物(いもの)が主であります。

中川 浄益は金工作家で、鉄や銀その他の金属であらゆる茶道具を作っています。大振りで彫金細工が素晴らしい作品は、買取価格が百万を超えることもあります。例えば、彫金細工や金銀象嵌が素晴らしい釣香炉や花入がよくみられます。

中川浄益(金工家) 略歴

1559年~1622年初代:紹益(本名 紹高)
元は先祖と同じく武具を製作するが、千利休の依頼・指導により薬鑵を 作ったのを契機に、現在の家業である茶道具作りを始めたとされる。
代表作「利休薬鑵」。
1593年~1670年二代:浄益(本名 重高)
寛永年間に千家出入の職方となる。表千家四代江岑宗左より、豪商佐野 (灰屋)紹益と名前が紛らわしいと、浄益に改めるよう申しつけがあり、
これ以降は代々「浄益」を名乗る。また、妻は金森重近(宗和)の娘。
1946年~1718年三代:浄益(本名 重房・長十郎のち太兵衛)
技術的に困難であった砂張(さはり:銅・錫・鉛の合金)の製法を発見して多くの名品を残しており、歴代の中でも鋳物の名人として知られる。
1658年~1761年四代:浄益(本名 重忠のち友寿・源吉)
3人の息子に恵まれ、息子達と共に家業の隆盛に励む。
・中川源介友忠 1685年~1759年
代表作「覚々斎好渦唐金水指」。父の長命のため、跡を継げないまま没。
・中川治兵衛友輔(生没年未詳)
兄・友忠と共に銅工・鋳物の技に優れていたとされる
1724年~1791年五代:浄益(本名 頼重・源吉、吉右衛門)
四代の三男。この代から代々「吉右衛門」を名乗りとする。
表千家八代・啐啄斎に重用される。
晩年に天明の大火に遭い、過去帳1冊以外のすべての家伝・家財を消失。
1766年~1833年六代:浄益(本名 頼方)
五代の息子。啐啄斎の機嫌を損ね、一時表千家出入りを禁じられ、その後は裏千家のみの御用を務める(詳しい理由は不明)。了々斎の代になって許される。
歴代中随一の茶人であり、「宗清」の茶名を持っていた。
1796年~1833年七代:浄益(本名 頼実)
「砂張打物の名人」「いがみ浄益」といわれ、天明の大火以後様々な事情でふるわなかった中川家の中興の人物といわれる。妻は飛来一閑三女・九満。
・中川吉太郎紹明 1828年~1845年
七代の嫡男。17歳で早世。
1830年~1877年八代:浄益(本名 幾三郎)
七代の婿養子。三井家手代・麻田佐左衛門の息子、妻は七代の娘・戸代。
幕末~明治の転換期に先を見通し、京都の博覧会の開催に尽力。
また「浄益社」を設立、海外への日本美術の紹介を行うなどするが、
様々な事情により失脚。失意の中48歳で没。
1819年~1911年九代:浄益(本名 益之助・紹芳)
八代の息子。茶道衰退期に家督を相続。
父方の縁により三井家などから援助を受けるが、家業の建て直しがうまくいかず、逆境の中アルコール使用障害となる。
職人としては一流であったが、伝統工芸に理解のない時代だったため
世間からは認められなかった。不遇のまま没。
1880年~1940年十代:浄益(本名 淳三郎・紹心)
九代の息子。早くから大阪の道具商のもとに修行に出される。
父の死により家督を相続。第一次世界大戦勃発による軍需景気にのり負債を完済、中川家再建の基盤を作る。
代表作「青金寿老」「布袋像2体」(以上三井家蔵)
「祇園祭岩戸山柱金具(2柱分)」。
1920年~2008年十一代:浄益(本名 紹真)
十代の息子。1940年に父の死後、浄益を襲名した。2008年死去。

中川浄益(金工家)の技法について

中川浄益(金工家)の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

中川浄益(金工家) 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら