酒井田柿右衛門(サカイダ カキエモン)

酒井田柿右衛門の作品を査定、買取してます。陶芸、工芸品を専門に買取しておりますので是非ご相談ください。陶磁器のコレクション売却や遺品整理の際もお問合せください。壷や皿、茶道具、香道具、酒器などの作家作品はおまかせください。

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 作家が同じでも、大きな皿より小さな盃の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。
  • 巨匠と言われる有名な物故作家よりも、現代の作家の方が査定額が良いことも多数あります。

陶器専門店

酒井田柿右衛門 作家情報

酒井田柿右衛門は、酒井田円西という江戸時代前期に居た陶工から始まりました。
酒井田円西は良質の陶土が発見された事で現在の佐賀県西松浦郡有田町に移りました。
そこで円西は、息子である黄喜三右衛門と、陶器や、白磁、染付の磁器の作成を始めています。17世紀前半になると喜三右衛門が赤絵磁器の焼成に成功しました。そこで柿右衛門を名乗る事になります。それから酒井田柿右衛門の歴史が始まりました。
初代の柿右衛門は乳白色の地肌に赤色系の上絵を焼き付ける様式、柿右衛門様式という磁器の作風を生み出して確立させました。
柿右衛門様式は、ヨーロッパにも輸出されており、マイセン窯では模倣品まで作成されました。磁器が生み出された中国でも、景徳鎮窯に影響を与えています。そこで景徳鎮伊万里が生まれました。
二代目、三代目の作風は初代と大きな差はありません。しかし三者共、それぞれに高い技能の持ち主でした。四代目まで、初期の柿右衛門とされています。
中期柿右衛門は、17世紀後半から18世紀前半までの90年の五代から七代目までです。
五代目はあまり技量が高くありませんでした。その為1685年に、鍋島藩から恒常的発注を止められています。
六代になると意匠や細工に優秀な技術を持っていた叔父の渋右衛門に助けられ、食器類や、花器、香炉等、高レベルの磁器作品を量産しました。それにより中興の祖とも言われています。
ただ、高い技術が必要な為、七代以降は濁手による作品が無くなります。
18世紀じゃら19世紀は、八代目、九代目、十代目の時代です。これが後期柿右衛門と呼ばれ、染付の磁器を制作しました。
七代から八代にかけての作品は四角の中に福の字が入る、角福というマークがあります。しかし近代以降、十一代目で、角福マークの商標登録の問題が勃発しました。訴訟を起こしたのが原因で経済的に困窮しています。しかし海外への輸出は積極的に行われるようになりました。
1919年、十二代目が事業家と柿右衛門合資会社を設立しました。そして、赤絵技術と角福という銘を供与しました。しかし美術品を制作を志向した十二代目と会社が経営方針で合いませんでした。
合資会社は1928年に解消されています。以降、それぞれが柿右衛門の作品を制作しました、しかし1969年に和解し、合資会社が名義を使用する事が無くなっています。
十二代目と十三代目は1947年頃から濁手の復活を目指すようになりました。1953年に、濁手での作品を発表。この濁手の技術は、1955年に国の選択無形文化財に選ばれています。1971年には重要無形文化財にも指定されました。

柿右衛門の作品の特徴は柿右衛門様式です。主に大和絵的な花鳥図が題材となり、暖色系の色彩で描かれ、非対称で、乳白色の余白が豊かな構図です。
上絵の色は、赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられて非常に鮮やかです。
器の口縁には口銹と呼ばれる銹釉が施されている事もあります。
有田焼は他にも緻密な作風の鍋島様式、寒色系を使い余白が少ない古九谷様式があります。ただ、柿右衛門様式は、そのどちらとも異なり柔らかで暖かい雰囲気を漂わせています。
柿右衛門の技術として濁手があります。乳白色の地色は独特で、それが赤色の釉薬と組み合わされます。それにより非常に映えるのです。
しかし原料の土の耐火性が強いなど、調合が非常に難しい物でした。しかも焼成時や乾燥時の体積変化が非常に大きいのです。作製は困難で歩留まりが良くありません。
図柄として、岩梅に鳥、もみじに鹿、竹に虎、粟に鶉があります。これられが典型的なパターンとなっています。 しかし時代が流れると、絵柄に変化が起こります。初期は明赤絵の影響がありました。その内、狩野派、土佐派、四条派、琳派の影響が入ります。近年には写生を基にした現代的画風の作品も多数、作成されるようになりました。
酒井田柿右衛門名義の物ですが一人で作成している訳ではありません。成形、焼成、絵付け等、それぞれ熟練した職人が分担して作成しています。
明治時代以降には、数十人の職人が雇用されています。酒井田柿右衛門は、個人では無く、チーム統括者、デザイナーという存在と考えた方が実像に近いようです。

酒井田柿右衛門 略歴

1647以前初代
白磁上絵付の技法開発に成功
1947年頃12代・13代が濁手の復活を目標とし作品を発表
1955年濁手の製作技術が国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択
1971年濁手の製作技術が重要無形文化財に指定。
保持団体として柿右衛門製陶技術保存会を認定。
1982年14代 襲名
2014年15代 襲名

作家と関連の深いやきもの紹介

028 nigosi濁手と錦手
「錦手」白磁や白い陶胎の釉上に赤・青・黄・緑・紫などの色釉を施した陶磁器のことです。中国では五彩とも呼びます。錦手に金泥や金箔を加飾した絢爛たるものは金襴手といいます。
「濁手」濁出とは柔らかく温かみのある乳白色の素地です。一般の有田焼の白磁素地はやや青みを帯びていますがそれに比べて、「濁手」は青みがなく、純白です。柿右衛門の作品の大きな特徴の一つに濁手素地があります。1670年頃に製法が完成したと言われていますが江戸時代の後半には濁手素地づくりは途絶えていました。1953年頃に12代酒井田柿右衛門(1878~1963)と13代酒井田柿右衛門(1906~1982)の尽力によって成功しました。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。