酒井田柿右衛門
(サカイダ カキエモン)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「酒井田柿右衛門」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

酒井田柿右衛門の陶芸品 買取価格相場

近現代の酒井田柿右衛門作品では大きく分けて、「濁手」「錦手」の技法が2種あり、濁手は作家物、錦手は窯作品となっている場合が多く、両方買取は可能ですが、価格差は大きいです。価格は濁手作品の方が高く、花瓶や香炉で20万円~100万円以上となります。錦手作品の食器や花瓶で、5千円~4万円位の買取価格が多いです。しかし錦手作品の中にも、特別豪華な作品や、作家本人が制作した作品もあり、こういったものは濁手作品と同じ価格帯で買取できます。
皿や花瓶は、飾映えするようなサイズが大きい作品が評価は高いです。また買取に関しては、図柄、状態、共箱なども重要な要素です。
有名な人気作家ですので、贋作も多く出回っています。評価は下がりますが、箱が無くても買取は可能です。
柿右衛門は磁器の作品です。磁器作品ではキズ、カケがある場合、評価が大きく下がります。観賞用としての美術品需要が高いため、完品で綺麗な状態が基本となります。
購入者は百貨店や工房で直接購入された方が多く、買取査定時には状態が良いものが多い印象です。
注意が必要なのは、柿右衛門は有名作家で流通数も数多くある為、多くの買取店で扱っていますが、美術品を専門としていない店舗もあります。技法や種類など関係無く、作家名だけで一律の査定されてしまうと、10倍以上の価格差が生じる為、損をしてしまう可能性も考えられます。しっかり査定のできるお店かどうかを見極めて売却先を検討する必要があります。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

酒井田柿右衛門 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

酒井田柿右衛門 作家情報

酒井田柿右衛門は、酒井田円西という江戸時代前期に居た陶工から始まりました。
酒井田円西は良質の陶土が発見された事で現在の佐賀県西松浦郡有田町に移りました。
そこで円西は、息子である黄喜三右衛門と、陶器や、白磁、染付の磁器の作成を始めています。17世紀前半になると喜三右衛門が赤絵磁器の焼成に成功しました。そこで柿右衛門を名乗る事になります。それから酒井田柿右衛門の歴史が始まりました。
初代の柿右衛門は乳白色の地肌に赤色系の上絵を焼き付ける様式、柿右衛門様式という磁器の作風を生み出して確立させました。
柿右衛門様式は、ヨーロッパにも輸出されており、マイセン窯では模倣品まで作成されました。磁器が生み出された中国でも、景徳鎮窯に影響を与えています。そこで景徳鎮伊万里が生まれました。
二代目、三代目の作風は初代と大きな差はありません。しかし三者共、それぞれに高い技能の持ち主でした。四代目まで、初期の柿右衛門とされています。
中期柿右衛門は、17世紀後半から18世紀前半までの90年の五代から七代目までです。
五代目はあまり技量が高くありませんでした。その為1685年に、鍋島藩から恒常的発注を止められています。
六代になると意匠や細工に優秀な技術を持っていた叔父の渋右衛門に助けられ、食器類や、花器、香炉等、高レベルの磁器作品を量産しました。それにより中興の祖とも言われています。
ただ、高い技術が必要な為、七代以降は濁手による作品が無くなります。
18世紀じゃら19世紀は、八代目、九代目、十代目の時代です。これが後期柿右衛門と呼ばれ、染付の磁器を制作しました。
七代から八代にかけての作品は四角の中に福の字が入る、角福というマークがあります。しかし近代以降、十一代目で、角福マークの商標登録の問題が勃発しました。訴訟を起こしたのが原因で経済的に困窮しています。しかし海外への輸出は積極的に行われるようになりました。
1919年、十二代目が事業家と柿右衛門合資会社を設立しました。そして、赤絵技術と角福という銘を供与しました。しかし美術品を制作を志向した十二代目と会社が経営方針で合いませんでした。
合資会社は1928年に解消されています。以降、それぞれが柿右衛門の作品を制作しました、しかし1969年に和解し、合資会社が名義を使用する事が無くなっています。
十二代目と十三代目は1947年頃から濁手の復活を目指すようになりました。1953年に、濁手での作品を発表。この濁手の技術は、1955年に国の選択無形文化財に選ばれています。1971年には重要無形文化財にも指定されました。

柿右衛門の作品の特徴は柿右衛門様式です。主に大和絵的な花鳥図が題材となり、暖色系の色彩で描かれ、非対称で、乳白色の余白が豊かな構図です。
上絵の色は、赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられて非常に鮮やかです。

器の口縁には口銹と呼ばれる銹釉が施されている事もあります。
有田焼は他にも緻密な作風の鍋島様式、寒色系を使い余白が少ない古九谷様式があります。ただ、柿右衛門様式は、そのどちらとも異なり柔らかで暖かい雰囲気を漂わせています。
柿右衛門の技術として濁手があります。乳白色の地色は独特で、それが赤色の釉薬と組み合わされます。それにより非常に映えるのです。
しかし原料の土の耐火性が強いなど、調合が非常に難しい物でした。しかも焼成時や乾燥時の体積変化が非常に大きいのです。作製は困難で歩留まりが良くありません。
図柄として、岩梅に鳥、もみじに鹿、竹に虎、粟に鶉があります。これられが典型的なパターンとなっています。
しかし時代が流れると、絵柄に変化が起こります。初期は明赤絵の影響がありました。その内、狩野派、土佐派、四条派、琳派の影響が入ります。近年には写生を基にした現代的画風の作品も多数、作成されるようになりました。
酒井田柿右衛門名義の物ですが一人で作成している訳ではありません。成形、焼成、絵付け等、それぞれ熟練した職人が分担して作成しています。
明治時代以降には、数十人の職人が雇用されています。酒井田柿右衛門は、個人では無く、チーム統括者、デザイナーという存在と考えた方が実像に近いようです。

酒井田柿右衛門 略歴

1647以前初代
白磁上絵付の技法開発に成功
1947年頃12代・13代が濁手の復活を目標とし作品を発表
1955年濁手の製作技術が国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択
1971年濁手の製作技術が重要無形文化財に指定。
保持団体として柿右衛門製陶技術保存会を認定。
1982年14代 襲名
2014年15代 襲名
2015年阪急うめだで「有田の匠展」を開催
2017年札幌三越で「襲名記念 十五代酒井田柿右衛門展」を開催
2018年水戸京成百貨店で「十五代 酒井田柿右衛門展」を開催
2020年姫路市山陽百貨店で「十五代 酒井田柿右衛門展」を開催

作家と関連の深いやきもの紹介

濁手と錦手
「錦手」白磁や白い陶胎の釉上に赤・青・黄・緑・紫などの色釉を施した陶磁器のことです。中国では五彩とも呼びます。錦手に金泥や金箔を加飾した絢爛たるものは金襴手といいます。
「濁手」濁出とは柔らかく温かみのある乳白色の素地です。一般の有田焼の白磁素地はやや青みを帯びていますがそれに比べて、「濁手」は青みがなく、純白です。柿右衛門の作品の大きな特徴の一つに濁手素地があります。1670年頃に製法が完成したと言われていますが江戸時代の後半には濁手素地づくりは途絶えていました。1953年頃に12代酒井田柿右衛門(1878~1963)と13代酒井田柿右衛門(1906~1982)の尽力によって成功しました。

酒井田柿右衛門の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

酒井田柿右衛門 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら