三代徳田八十吉
(トクダ ヤソキチ)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「三代徳田八十吉」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

三代徳田八十吉の陶芸品 買取価格相場

三代徳田八十吉の作品は年代、意匠、種類、状態、サイズ、流行、箱等の様々な要因によって買取相場価格は大きく違います。様々な種類、作品があり、一概にいくらとはいえませんが、ぐい呑などの小品で約1万円~7万円、花器になりますと約3万~50万円が多く、特別な彩色で大きな作品になりますと数百万の値段が付く作品もあります。
三代徳田八十吉は年代によってサインに違いがあるため、年代を見分けるポイントとなります。作品の底部に描き銘で「正彦」「八十吉(赤字)」「八十吉(金文字)」とのサインがあり、年代によって変化していきます。買取相場は晩年になるほど高いものが多いですが、絶対ではありません。綺麗で鮮やかな彩色の作品の人気が高いです
また三代徳田八十吉の作品は『状態』の重要性があげられます。釉薬の汚れシミなどは、グラデーション鮮やかな三代八十吉作品にとって減額対象となってしまいます。手の油などがついた状態で清掃せずに保管していると、目立つシミになってしまう場合もあります。
できるだけ綺麗な状態を保つことが高評価につながります。
比較的に見分けが難しい贋作は少なく、明らかにサインが違うもの、彩釉に違和感がかなり目立つものなどで、容易に贋作とわかるタイプがほとんどです。
陶芸作品では、『共箱』の重要性があげられます。共箱とは作家本人が署名をした箱の事を言います。陶芸作家によっては箱無しだと、ほとんど値段が付かなくなってしまう場合もありますが、三代徳田八十吉の作品は箱が無くても、欲しい方も多く、買取可能です。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

三代徳田八十吉 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

三代徳田八十吉 作家情報

三代徳田八十吉は1933年に石川県で、初代徳田八十吉の孫として生まれました。金沢美術工芸大学短期大学工芸科陶磁専攻を中退した後、初代祖父・父二代に師事しました。1988年に三代目を襲名しました。

1991年には第11回日本陶芸展で、大賞・秩父宮賜杯を受賞し、1993年には紫綬褒章を授与されました。
その後2010年には第10回MOA岡田茂吉賞大賞を受賞し、1997年6月6日、重要無形文化財「彩釉磁器」の保持者(人間国宝)に認定されました。また同じ年に小松市に於ける5人目の名誉市民に推挙をされました。
そして2005年には、石川県の九谷焼技術保存会(県無形文化財)会長にも推薦をされています。

また三代徳田八十吉の作品は、1998年にアメリカのメトロポリタン美術館に「耀彩線文壷」が所蔵されており、この他にも日本国内では文化庁や国立近代美術館、海外ではイギリスの大英博物館、アメリカのスミソニアン・サックラー美術館等にも所蔵をされています。

作品には釉薬で色彩を調整した鮮やかな群青色に強い個性があります。海外にも多くの作品を発表して高い評価を得ています。また、古九谷の学術研究にも大いに尽力をしました。九谷の伝統を継承するとともに、初代、二代目が再興、発展させた現代九谷の技術をさらに革新し、「彩釉」で新境地を拓いて世界的な作家となりました。氏の功績が大きく加わることで、今日、「九谷」の名は古美術や趣味の世界を飛び出し、世界の「KUTANI」となり、現代アートの仲間入りをしたといっても過言ではないでしょう。

三代徳田八十吉 略歴

1933年石川県に生まれる
金沢美術工芸大学中退後、初代祖父・父二代に師事
1971年第18回日本伝統工芸展初出品 優秀賞 NHK会長賞 受賞
1977年第24回全日本伝統工芸展初出展 最優秀賞日本工芸会総裁賞 受賞
1978年日本伝統工芸展特待・鑑査員に推挙
1986年エジプト・カイロにて個展、以降海外展18回
1988年三代八十吉を襲名
1990年'90国際陶芸展グランプリ受賞
1991年第11回日本陶芸展推薦出品 グランプリ秩父宮賜杯受賞 外務大臣表彰
1993年紫綬褒章 授章
1997年第10回MOA岡田茂吉賞大賞 受賞
重要無形文化財採釉磁器保持者(人間国宝)に認定
小松市に於ける5人目の名誉市民に推挙
1998年「耀彩線文壷」メトロポリタン美術館所蔵
2005年大英博物館ジャパンギャラリー入口に「耀彩壷・恒河」が展示
九谷焼技術保存会(県無形文化財)会長に推薦される
2007年文化庁主催「日本のやきもの展」国立博物館、
ソアーレス・ドス・レイス国立美術館(ポルトガル)で開催
現役作家としてただ1人選ばれ「耀彩華文鉢」が展示される
2009年逝去
従五位に叙位される
2011年高松市美術館で「追悼 人間国宝 三代徳田八十吉展~煌めく色彩の世界~」を開催
2017年東武百貨店船橋店で「近代陶芸巨匠展 - 北大路魯山人と三代徳田八十吉を中心に - 」を開催
2019年小松市錦窯展示館で開催の「九谷の競演ー三代と九谷作家たち」に出品

三代徳田八十吉の技法について

耀彩
耀彩とは三代徳田八十吉が生み出した技法です。
九谷の色は赤、黄、紫、紺、緑、の五種ですが上絵釉薬の調合次第で色は無限になります。三代徳田八十吉は調合を少しずつ変えた釉薬を作り、黄色から緑、緑から紺、紺から紫の間にどれだけの変化があるか試し焼きしてみました。色目の諧調にしたがって順番に線を描き並べ高温で焼成すると、境目が溶け合って美しいグラデーションになり幾種もの色が輝いているものが生まれました。この色の焼成温度は焼き物の中でも最高に近い1040度程度必要になります。このグラデーションを「耀彩」と名付け世界を驚かせた作品が生まれました。

三代徳田八十吉の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

三代徳田八十吉 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら