武腰潤
(タケゴシ ジュン)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「武腰潤」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

武腰潤の陶芸品 買取価格相場

武腰潤は現代を代表する九谷焼の人気作家です。
作品には皿、花瓶、壷、ぐい呑、香炉、陶板、陶筥など様々な種類があり、年代、意匠、状態、サイズ、箱等の様々な要因によって買取相場価格は違います。一概に買取価格がいくらとは言えませんが、ぐい呑や盃で昔の作品から含めると1万円未満~8万円、壷や香炉などの作品で約10万円~40万円の買取価格が多く、特別な作品や大きくつくられた豪華な作品になりますと、より高い価格帯となります。武腰潤の場合は昔の作品よりも、近年作の方が高額査定になります。
作品の底部に描き銘や印銘で「潤」のサインがあります。
デパートや個展で購入された方が多く、買取査定時には状態が良いものが多い印象です。
陶芸作家によっては箱が無いとほとんど値段が付かなくなってしまう場合もありますが、武腰潤の作品は箱が無くても欲しい方も多く、買取可能です。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

武腰潤 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

武腰潤 作家情報

武腰潤は、石川県の2代目武腰泰山の長男として生まれました。その影響からか幼い時期から、絵を描いていました。しかしある日、自分の絵には心がこもっていない事に気づきました。その考えに縛られ、何を描けば良いのか分からなくなり旅に出ました。旅先で、東京国立美術館で古九谷と出会います。
「こういったものを作りたい」
そう思って帰郷し父親に学ぶ事になります。金沢美術工芸大学を卒業すると、その2年後に、北出不二夫、帖佐美行に師事をしています。

武腰潤は、色薬について研究をしています。作品はタタラ作りの技法を中心にしています。その技法によって花瓶や飾り皿等を作製しています。鮮やかなグリーンやコバルトブルーで絵付けされた鳥等を発表しています。現代の九谷を代表する作家で、高い評価を受けています。

武腰潤 略歴

1948年2代目武腰泰山の長男として生まれる
1970年金沢美術工芸大学を卒業
1972年北出不二夫、帖佐美行に師事。
1974年日展に初出品をして入選
1981年日本新工芸展で新工芸賞を受賞
1896年明日を開く日本新工芸展で箱根の森美術館賞を受賞
1989年明日を開く日本新工芸展で大賞を受賞
1991年
~1993年
日本新工芸展で会員賞を受賞
2001年日本工芸会正会員。
メトロポリタン美術館に作品が収蔵。
2002年日本伝統工芸展で朝日新聞社賞を受賞。
2004年日本伝統工芸展で奨励賞を受賞。
2006年ニューヨークで「インターナショナル・アジアン・アートフェア」を開催
2007年2006年度日本陶磁協会賞受賞
2008年日本陶芸展 招待作家就任
2010年ニューヨーク・JOAN B MIRVISS LTDで個展を開催
2011年銀閣寺で「平和茶会」チャリティー招待作品
2012年金閣寺で「平和茶会」チャリティー招待作品
2013年高等学校芸術科美術教科書「工芸Ⅰ」に掲載
2019年銀座和光で「武腰 潤展-彩りの磁-」を開催

作家と関連の深いやきもの紹介

九谷焼
九谷焼は石川県南部の南加賀に発祥し、色絵による装飾を特徴とする磁器です。
明暦元年に、後藤才治郎が、江沼郡九谷村で開窯したのが始まりですがわずか100年たらずで廃窯しました。原因は定かではありませんが、この間に焼かれたものを、現在「古九谷」と呼んでいます。
九谷焼の絵付けの技法の一つに、「色絵・五彩手」があります。これは能登呉須顔料による紺(群青色)によるラインを中心として、呉須(ごす)とよばれる藍青色で線描きし五彩とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。赤を用いずに青を基調として緑、黄色、紺、紫を加えた絵柄を全面をうめつくすように絵付けを行う方法「青手」もあります。また、赤いラインと赤い塗りに、金のアクセントをあしらった手法「赤絵・金襴手」もあります。

武腰潤の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

武腰潤 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら