三輪休雪
(ミワ キュウセツ)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「三輪休雪」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

三輪休雪の陶芸品 買取価格相場

三輪休雪は萩焼の三輪窯当主が代々襲名している陶芸家で、現在も続く萩焼の名工です。近現代作品では10代、11代、12代、13代の作品が主な作家となります。
それぞれ買取価格が違いますが、一番高価格になるのは恐らく、11代三輪休雪(三輪壽雪)の鬼萩窯変割高台茶碗で、出来、状態、流行、箱などによって買取相場価格は違いますが、数百万の査定額になる作品です。
12代休雪(三輪龍作)、13代休雪(三輪和彦)の作品も含めて三輪休雪の作品で買取評価額が高くなるものは基本的には茶碗ですが、盃やぐい呑などの酒器も人気があります。買取相談では、盃や茶碗なども含め多数の種類があり、さらに10代~13代までで全く異なりますので一概にいくらとは言えませんが、酒器で約5万円~25万円、茶碗では7万~100万円以上の買取査定価格が多いです。希少性の高い作品、特別な作品になると、より高価格帯となります。
三輪休雪を含め陶芸作家作品では、『共箱』の重要性があげられます。共箱とは作家本人が署名をした箱の事を言いますが、真贋の証明だけでは無く、作品に作家本人の箱書があるということは、作家自身が世に出すことを認めた作品となり、出来映えが良いと保証されているような意味合いもあります。その中でも三輪休雪の作品は、昔から人気があり贋作も多くありますので、共箱の重要性がより高くなります。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

三輪休雪 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

三輪休雪 作家情報

三輪休雪は山口県萩市の萩焼窯元、三輪窯の当主が代々襲名している陶芸作家としての名跡です。休雪とだけで呼ばれる事もあり、現在も脈々と受け継がれています。三輪窯は、江戸時代寛文年間に起こったと言われています。坂高麗左衛門の坂窯と共に、萩藩の御用窯を努めていました。非常に由緒のある窯元です。
初代舜陶休雪は赤穴蔵之介の子供として生まれました。祖父は、文禄、慶長の役の時に毛利一文の宍戸元続によって招致された渡来陶工でした。毛利輝元の萩入封に際し、父の蔵之介が萩に移住して、小丸山に窯を築き上げたと言われています。1700年には、毛利綱広の名で京都に行って樂家で楽焼き技法を伝習しました。李朝陶技に楽焼が導入されるというのは、萩焼の技術史上、画期的な出来事でした。以後、三輪家では大大藩主の求めに応じ楽焼も制作されるようになりました。

八代目雪山泥介は、三輪家の八代目です。幕末から明治にかけての激動期に活躍した名工です。10代目の三輪休雪の指導も行いました。
10代目の三輪休雪は従来の桃山茶陶に固執はしていません。時代に心を通わせた作陶をという考えの元からひね会を結成しています。そして陶芸家と自由な思想で交流を深めました。それだけでは無く焼成の方法を根本から見直しています。重要無形文化財萩焼の保持者に認定されており、古窯と同レベルにまで萩焼を引き上げた人物としても有名です。
兄の10代目、休雪が隠居をした後、三輪窯を受け継いだのが、11代目休雪です。兄弟で人間国宝の認定を受けたのは前例がありませんでした。原料を粗めの小石を混ぜた土にし、古くからの技法である、鬼萩を自分の技法としました。

三輪休雪 略歴

1633年佐伯家と共に萩藩の御用細工人として召し抱えられる
1682年初代佐伯半六が亡くなった時、二代目である子が幼少の為、藩名により、無田ヶ原の佐伯窯を継承。
1700年毛利綱広の名で京都に行って樂家で楽焼き技法を伝習
1967年11代目 襲名
1976年紫綬褒章
1982年勲四等瑞宝章
1983年重要無形文化財萩焼保持者に認定
2003年12代目 襲名
2019年13代目 襲名
2019年日本橋高島屋で「十三代 三輪 休雪襲名 雪嶺展」を開催

作家と関連の深いやきもの紹介

萩焼
桃山期に松本村で創始され、江戸前期には長門一に、明治には山口市にも窯ができるなど現在では広く山口県全域に窯があります。
大道土を主体とした土で成形され絵付けなどの装飾性がほとんどなく、透明釉の土灰釉か、ほかの地方で白萩釉と呼ばれる白濁する藁灰釉が施されることにある。
萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。土の浸透性・保水性・保温性が高く、土と釉薬の収縮率の違いによりできる貫入から水分が浸透し、器の中から表面にまで至ります。使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、萩焼の特徴的な魅力となっています。

三輪休雪の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

三輪休雪 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら