島岡達三
(シマオカ タツゾウ)
陶芸作品を高価買取

陶器専門の宮筥では「島岡達三」の作品を買取強化中です。

近代、現代の陶器工芸品だけを中心に取り扱いしてますので自信があります!
作家物の壷、花瓶、茶碗、皿、鉢、香炉、ぐい呑、徳利、湯呑、水滴、急須などはおまかせください!

島岡達三の陶芸品 買取価格相場

島岡達三の作品には湯呑、ぐい呑、徳利、茶碗、皿、壷、珈琲碗、番茶器などがあります。技法、大きさ、状態によって価格は変わってきます。買取査定では、同じ種類でも特に技法や意匠が重要で、大別すると「通常の縄文象嵌」、「華やかな色絵図柄入(赤絵)」、「塩釉や窯変」の順で買取査定金額が高くなります。
湯呑の買取依頼は多くあり、その時の相場によって多少の前後がありますが、当社では湯呑で約7000円~40000円位の買取とさせて頂く事が多いです。栃木県内の個人宅からも良くでてきますので、作品数、流通量は相当数あります。
27㎝位までの小皿中皿は技法、制作時期などでやはり買取金額は違いますが、約12000円~50000円が多いです。大壷、大皿などのサイズも大きく希少な作品になると、約15万円~100万円の買取価格となります。
作品には底部や高台脇に印銘で「タ」のサインがあります。
島岡達三は民芸系の作家になり、普段使いとしての需要もあるので、共箱が無くても買取は可能です。
「丘窯」という島岡達三の窯作品もあり、雰囲気は似ていますが、わかりやすい特徴はサインが無いことです。丘窯作は、低単価となってしまう為、当社では基本買取をしていません。

陶芸品に特化した専門家が対応致します

売却前の簡易査定で、事前に価格がわかる安心買取
出張、店頭、無料宅配買取で全国対応
豊富な販売ルート、愛好家への直取引で高評価可能

「宮筥」は陶器買取専門だから安心の評価査定。陶芸作品のコレクションの売却お任せ下さい。

買取は初めてという方にも安心していただけるよう心がけております。
売れるかどうかわからない、価値がわからない、少量での相談も受け付けております。
所蔵リストがあるような大量の売却相談も多くの実績があり得意としております。
まずはお気軽に電話、メール・LINEでお問合せください

お問合わせ・ご相談無料

島岡達三 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら

梱包手順とポイントはこちら

島岡達三 作家情報

島岡達三は、東京都港区愛宕で三代続く組紐師島岡米吉の長男として生まれました。二十歳で東京工業大学窯業学科に入学。岐阜県駄知町に滞在し、そこで轆轤の技術を学びました。27歳のときに戦争から復員した後、濱田庄司門下になり、のちに栃木県窯業指導所に勤務しています。34歳で益子に住居と窯を設け、翌年には初釜を炊いて東京のいずみ工芸展で初個展を開きました。その後、カナダやアメリカを三ヶ月歴訪し、各地で個展を開いたり指導をしました。
日本民藝館賞、様々な商賞を受賞し、民芸陶器で重要無形文化財保持者に認定され、勲四等旭日小綬章も受章しています。
2007年に亡くなりました。享年88歳でした。

島岡達三の特徴は縄文象嵌技法です。縄文土器には縄目状の文様がありますが、これは紐や縄を丸い棒に巻きつけて、土器を制作する時に転がす事により付く文様です。この文様に化粧土を塗りつけ、更に掻き落とし、象嵌文様にします。
島岡は他にも朝鮮の三島の焼き物にも惹かれています。三島の技法は、印花、刷毛目、彫三島、の三技法があります。縄文象嵌はこの中の、印花の応用です。掻落は彫三島の応用でした。他にも、刷目の作品、塩釉の作品も制作しています。

島岡達三 略歴

1919年三代続く組紐師島岡米吉の長男として生まれる
1939年東京工業大学窯業学科に入学
1946年濱田庄司門下となる
1953年益子に住居と窯を設ける
1962年日本民藝館賞を受賞
1996年民芸陶器で重要無形文化財保持者に認定
1999年勲四等旭日小綬章を受章
2007年逝去
2013年益子陶芸美術館で「島岡達三展」を開催
2017年阪急うめだで「没後10年 島岡達三作品展」を開催
2019年益子陶芸美術館で「生誕100年記念 ─ 島岡達三の仕事」を開催

島岡達三の技法について

縄文象嵌による模様
縄文土器に見られる様な縄文部分に泥漿を埋め、装飾する技法が縄文象嵌です。島岡達三は、父親に紐を組んでもらい、素地の柔らかい中に転がしてみました。
師匠・濱田庄司は島岡が発想し完成した仕事に関して、「島岡君は縄文土器の手法から学んで独特の象嵌模様を愛用(略)。模様を紐に委せて自分の作風を立てている巧みさなどいかにも島岡君らしい」と紹介しました。また同時に、縄文象嵌を「確かな仕事で良い手法だ」と評しています。「確かな仕事」というのは、間接的な手法が直接的な柄よりも工芸的な美しさに通じるという事であろうと思います。 
島岡は、縄文の表現に栃木県小山の間々田紐を使用しています。組む方向の違いや紐の撚り方などが、文様の変化につながります。縄文の研究から、撚紐も「矢羽根」「筋」「ポチ」(点模様)などを使い、模様表現を行っています。

縄文象嵌の釉薬

島岡の縄文象嵌では、釉薬がたっぷりかけられている感じがすると思います。釉薬は、師匠・濱田が専門とした六種を基本とし、独自の地釉のほかにも、飴釉、辰砂釉、塩釉、糠白釉、黒釉などが使われています。島岡が常用する地釉(透明釉)については、益子の透明釉と考えるよりも、島岡独自の釉と考えた方が合うでしょう。

焼成温度を高く上げるため、象嵌制作では透明釉などは溶けすぎる危険もあり得えます。高温による釉の溶けすぎや流れを防止するため、島岡はカオリンを地釉に混ぜた泥並釉を使用してきました。カオリンを使用したことで、李朝三島手風のセミ・マットがかった釉調の、品格と落ち着きのある作品作りが可能となりました。

島岡が愛用した釉薬にはこの地釉の他にも、塩釉などがあります。特に塩釉は、濱田の仕事から学んだものです。

島岡達三の他、下記の陶芸作家作品も買取強化中です。

買取品目

宮筥では、作家ものの陶器・陶芸作品を専門に買取しております、
専門店ならではの豊富な知識と経験でご納得いただける買取価格をご提示致します。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

買取の流れ

全国対応の宅配買取、関東エリアを対象とした出張買取をご用意しております。

  • 宅配買取
    全国対応! 送料無料!
  • 出張買取
    関東エリアを対象にお伺い

宅配買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEよりお問合わせ下さい。
    お売りいただくお品の情報をお伝え下さい。
  2. 02 事前査定
    お伝えいただいたお品の情報を元に概算のお見積りを致します。
    査定額はお電話、メールのいずれかでご連絡致します。
  3. 03 商品の梱包・発送
    お見積り金額にご納得頂けましたら、発送方法、必要書類等のご連絡を致します。
    商品を安ボールに詰め梱包し、必要書類を同封の上、宅配便の着払いにて発送してください。送料は当社が負担いたします。
  4. 04 商品の確認・お支払い
    商品到着後、内容や状態を確認します。ご連絡頂いた内容と相違がなければ、お伝えした買い取り金額をお客様の指定口座へ振込みます。その際、報告の電話またはメールを致します。

宅配買取の流れ詳細を見る

出張買取

  1. 01 お問合わせ・お申し込み
    お電話・メールフォーム・LINEにてご連絡ください。
    お売りいただくお品物や訪問に関するご希望などをお聞かせください。
  2. 02 日時の決定~お伺い
    ご希望の日時を確認させていただきます。当日は当社の専門スタッフがご自宅もしくはお勤めの会社に出張し、迅速に査定いたします。
    査定当日には「お売りになりたい品物」「身分証明書」を必ずご用意ください。
  3. 03 査定・お支払い
    ご依頼品を丁寧に査定し、お見積りをご提示致します。お伝えした金額にご承諾頂けましたら、買い取り成立となります。
    その場で現金でお支払い致します。

出張買取の流れ詳細を見る

お問合わせ・ご相談無料

島岡達三 作品のご売却をお考えなら当店にお任せ下さい。

  • フリーダイヤル 0120-612-652 電話受付時間 10時~18時 年中無休
  • メールでのお問合せ、査定・買取のご依頼はこちら
  • LINE査定、友だち登録はこちら