河井寛次郎(カワイ カンジロウ)

河井寛次郎の陶器を買い取りしています。宮筥では作家物の陶磁器だけを専門に買取しておりますので自信があります! 売却方法は出張、宅配、持ち込み等ご希望の方法で対応可能です。作家物の陶器の売却をお考えの際はお任せください!

同じ作家のものでも、種類や箱書きの有無によって査定金額に大きな違いがあります。写真や電話等で、できるだけ詳しくお伝えください。

  • 箱も重要な査定のポイントです。作家本人の署名がある「共箱」所定の鑑定人、親族や弟子などの書付がある「識箱」同じ箱付でも査定額が違います。
  • 同じ作家の場合でも、大壷より小さな良いぐい呑の方が高単価なことも御座います。
  • ほとんどの場合は茶碗の方が湯呑よりも倍以上は金額が高いです。

陶器専門店

河井寛次郎 作家情報

河井 寛次郎は、大工の父・河井大三郎と、母・ユキの間に生まれました。1910年に東京高等工業学校、現在の東京工業大学の窯業科へ入学しました。陶工の世界において、師弟関係があるというのは常識だったのですが、寛次郎には師が居ませんでした。そのため、学校で指導を受けてから陶工になった新しい世代の陶工と言われています。
東京高等工業学校では、板谷波山の指導を受けており、そこで釜業に関する科学的研究を行っています。卒業後には京都市陶磁器試験場に入所しました。そこで東京高等工業学校の後輩である濱田庄司と共に、一万種以上の釉薬を研究し、中国陶磁器等の模倣や研究等を行っています。
五代清水六兵衛の技術顧問をしていた事で、京都、五条坂の窯を譲り受けた河井寛次郎は、その窯を鐘渓窯と名づけ、自らの作品を制作し始めました。
その後、高島屋で陶磁展を開催し、中国、朝鮮の陶磁器の名作に倣って、それまでに培って来た科学的な研究により身に付けていた技巧によって華やかな作品を発表しています。そのため新人でありながらも、名人と評されました。しかし、やがて作品は、古典から日用の器へと変わっていきます。
パリ万博で鉄辰砂草花図壷でグランプリを取っている他、ミラノ・トリエンナーレ展グランプリ等を受賞しています。
河井寛次郎は陶芸を中心だけでは無く木彫りや文章作品も発表しています。そのため「土と炎の詩人」と呼ばれるようになりました。自作の詩、火の誓いを棟方志功の版画で制作しました。随筆、いのちの窓を、陶土に刻むという形の陶板を完成させました。
1955年には文化勲章を受けていますが辞退しています。他にも人間国宝や芸術院会員等に推挙されましたが、いずれも辞退しています。

大正時代の初期作品では中国古陶磁に習い、技工が駆使されている華麗な作品を多く作り上げました。
個展でデビューを果たしたのですが、その技術力と完成度は新人離れしており絶賛されました。
大正末期では中国古陶磁のスタイルは見えなくなり、用の美という物が中心になって、生活の中に溶け込むような作品を作り上げています。
戦後になり、後期にはその作風には再び変化がありました。用の枠さえも越え、生命力に溢れる力強い作品を作成するようになったのです。 陶磁器以外にも、木彫、金属、書や、言葉でも、素晴らしい作品を生み出しした。だからこそ、土と炎の詩人と呼ばれたのです。

河井寛次郎 略歴

1890年8月24日大工の父・河井大三郎と、母・ユキの間に生まれる。
1910年東京高等工業学校の窯業科へ入学
1914年卒業。
京都市陶磁器試験場に入所
1920年自らの作品を制作をはじめる
1937年パリ万博で鉄辰砂草花図壷でグランプリを獲得
1947年自作の詩、火の誓いを棟方志功の版画で制作。
1955年文化勲章を受けるが辞退
1957年白地草花絵扁壷でミラノ・トリエンナーレ国際工芸展グランプリを受賞
1966年76歳で逝去

作家と関連の深いやきもの紹介

019 mingei民藝
民芸とは大正末期、柳宗悦によって考えられた言葉です。当時の工芸界は華美な装飾を施した観賞用の作品が主流でした。そんな中、一般庶民の日常生活に必要な雑器の中におのずから具わった美しさを見出しその価値を認めようとしました。日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました。
この柳の思想に浜田庄司、河井寛次郎、バーナードリーチら陶芸家が賛同し大きな民芸運動に発展しました。これまで美術品のジャンルになかった古民芸の李朝工芸品・木工品・石皿・大津絵をはじめ編粗品・染織品・漆・石工品・金工品・民芸陶器などを収集し世に知らせめようとしました。

スムーズなお取引のために

スムーズな査定、お取引のためにあらかじめわかる範囲で下記のポイントをお調べ下さい。

作家・作品名がわかっている場合

確認ポイント

ご売却いただく作品の作家がわかっている場合は、わかる範囲で構いませんのでお電話で下記の情報をお伝え下さい。

1.作家名 2.作品名 3.サイズ 4.来歴

上記の情報から買取可能なものか、査定額はどのぐらいなのか?を売買実績や市場価格などから、電話でも簡単な査定をお引き受け致しております。

作家・作品名がわからない場合

作家名がわからないもの

作家・作品名がわからない場合は、作風と箱にある署名の一文字だけでもお知らせいただければ判断できる場合がございます。

また、作品の写真や画像を送っていただくことでスムーズな査定ができます。売るのは初めてだという方も、安心してご依頼ください。

写真を送って査定する

お問合せから買い取りまでの流れ

まずは、お気軽にお問合わせ下さい。
陶芸品の無料出張買取り、送料無料の宅配便買取り、予約をいただいてからの店頭買取りのの3つの方法でお取引させていただいております。

お問い合わせ・お申し込み

まずお電話で売却を考えているお品の内容をお伝えください。
入手経路や内容がハッキリしている場合は、写真や画像は必要無い場合もあり、電話口でおおよその査定額や、買取できる物なのかをお伝えでき、手間を省ける場合も御座います。写真画像が無いと全く不明な場合もありますが、まずは内容をお電話にてお伝えください。

TEL:0120-739-773

日程、買取・査定方法の確定

査定の日時を決めて、現物を拝見させていただきます。
訪問日や時間帯などお客様のご希望をお聞かせ頂き、ご予約を確定致します。当日をご希望の場合、お時間の都合がつけば即日出張査定にお伺い致します。
出張、店頭、宅配のいずれの方法も全てご予約が必要となります。

査定・買取 現金お渡し

お品物を一点一点査定し、買い取り金額を提示いたします。
内容にご納得いただけましら、即金でのお支払いとなります。
事前にお伝えした価格があれば、傷や欠点がない限り、それをベースにさせて頂きます。
買い取り後に、ご本人様確認書類(身分証)をご提示ください。